展示入替を行いました。

[公開日] Posted in Blog

 

当店では先日、展示入替を行いました。本日のblogでは、現在(2020年7月4日)の展示状況につき画像にてご案内させていただきます。

 

【ポール・ケアホルムのリビングシーン】

店舗中央には、フリッツ・ハンセンにて製造されているポール・ケアホルムの家具をレイアウトしております。先日まで一時的にデイベッド“PK80”を引き下げておりましたが、再度展示を開始しました。この低さが何とも言えず良いです。壁面のシェルフはカール・ハンセンにて製造されているモーエンス・コッホのブックケース、ラグは濃紺のMuniカーペットを合わせています。

 

 

 

 

【照明 バベル】

スペインの照明メーカー、サンタ&コールの照明、“バベル”。アラバスターという石をくりぬいて出来ています。調光することで模様の見え方が大きく変わる、とても楽しみがいのある照明です。バベルの調光の様子についてはまた機会を改めてご紹介したいと思います。

 

 

 

 

【ダイニングシーン PK54・PP701】

ポール・ケアホルムの円形大理石ダイニングテーブル、“PK54”の展示を再開しました。当店では大変人気の高いテーブルです。円卓独特な柔らかさと優雅な印象があり、それでいてどこかしら控えめで繊細なテーブルです。フリッツ・ハンセン社より製造・販売されています。天板にも様々な種類がございますので、こちらのページも是非ご参照下さいませ。

 

 

PK54に合わせているチェアはハンス・J・ウェグナーのデザイン、PPモブラー社にて製造されている“PP701”。大変座りやすく、アームもあるためゆったりお掛けいただけます。PP701につきましてはこちらのblogにて詳細に触れておりますので、是非とも御覧くださいませ。本当によくできている椅子と思います。

 

 

 

【リリーチェア】

PP701と並んで当店にて人気が高いチェアが、アルネ・ヤコブセンがデザインした、“リリーチェア”。優雅で柔らかい曲線が特徴のこちらのリリーチェア、座面と背もたれ上部が比較的ゆったりとしているためかけ心地が良く、それでいて背もたれ下部のボリュームが抑えられているためお部屋に対して圧迫感が出にくいチェアです。合板で出来ており、背もたれが多少しなるため、長く快適にお掛けいただけます。

 

 

 

こちらは料理研究家、行正り香さんのご自宅。華やかでモダンなインテリアです。行正さんには、これらアイテムに加え、ポール・ケアホルムのソファ“PK31”やセンターテーブル“PK61”などお使いいただいています。

 

 

 

【ザ・チェア、カウホーンチェア、ブルホーンチェア】

その他のダイニング用チェアとして、ハンス・J・ウェグナーがデザインをした“ザ・チェア”、“カウホーンチェア”、“ブルホーンチェア”も展示しています。各々異なるかけ心地ですので、是非とも座り比べていただきたいと思います。

 

 

 

 

【シールチェア】

イブ・コフォード・ラーセンがデザインしたラウンジチェア、“シールチェア”も展示しています。かけ心地とレザーの質感が大変好評なシールチェア。シャープな部分と有機的な部分が絶妙なバランスで表現されているラウンジチェアです。身体にピッタリとフィットしてくれる、そのようなかけ心地です。

 

 

 

 

【ベアチェア】

北欧のラウンジチェアの中では王様のような存在と言って良いのではないでしょうか、ウェグナーがデザインした“ベアチェア”です。こちらも再び展示しました。座った際にどっしりとした安定感があり、包み込まれるような安心感を感じます。腰の部分へのサポートも感じられ、そのかけ心地はやはり圧巻。風格・デザイン・安定感、どれをとってもやはり王様のような存在だと思います。

 

 

 

 

【2213ソファ】

こちらは引き続いての展示、ボーエ・モーエンセンがデザインした2213ソファ。フレデリシア社にて製造されています。奥行や高さ、クッションの柔らかさなど絶妙で、「大きすぎず、小さすぎず」「硬すぎず、柔らかすぎず」というソファ。このようなバランスを体現するのはとても難しいことなのだと思います。パッと見だと何気ないソファですが、デンマーク的な考え方・文化・伝統が詰まった、本当に良いソファです。

 

 

 

 

【ダイニングシーン PK40・PK9】

こちらも引き続いての展示、フリッツ・ハンセン社のダイニングテーブル“PK40”。チェアには同じくフリッツ・ハンセン社の“PK9”を合わせています。テーブルの直線と、チェアの曲線の対比がとても綺麗です。奥の壁面には大きな絵画を展示し、ルイス・ポールセンのフロアスタンドを合わせました。

 

 

 

 

【小物】

飾り棚には、三輪休雪・加守田章二・黒田泰蔵・濱田庄司などの作品を設えとして展示しています。

 

 

 

 

商品の展示と合わせ、家具配置やインテリアコーディネートの御相談も承っておりますので、是非ともお気軽にお声掛けくださいませ。

 

 

※急な展示替えの可能性がございますので、ご覧になりたい商品がございます場合、ご来店前に一度店舗までお問い合わせ頂ければ幸いでございます。

 

 

 

DANSK MØBEL GALLERY(ダンスク ムーベル ギャラリー)

〒104-0061 東京都中央区銀座1-9-6 松岡第二銀緑館2F
TEL 03-6263-0675
FAX 03-6263-0676
MAIL d-info@republicstore-keizo.com
OPEN 12:00-19:00
定休日 毎週水曜日
Facebook https://www.facebook.com/danskmobelgallery/
Instagram https://www.instagram.com/danskmobelgallery/