【絵画 納品事例】東京・個人邸

更新)Posted in Blog

スペイン・バルセロナ出身の 芸術家 “ジャウマ・アミゴー”。彼自身の感性により、顔料と定着材の調合で生まれた特徴的な赤は、古くから伝統ある高貴な色として用いられてきた「緋色(スカーレット/ひいろ)」であり、赤の情熱的な迫力もありながら、惹き込まれる深みを感じさせます。               &nbs…more

【数量限定・特別生産】PP502 “スウィベルチェア” チークモデル

更新)Posted in Blog

  1955年にハンス・J・ウェグナーがデザインした、PP502 スウィベルチェア。通常は「オーク材・アッシュ材・チェリー材」の3木種のみの展開ですが、”チーク材”で製作された特別仕様を数量限定にてご案内できますので、ご紹介させていただきます。                 &nbs…more

【2021年2月】展示のご案内

更新)Posted in Blog

  先日、当店ダンスクムーベルギャラリーでは展示の入れ替えを行いました。そこで、本日のブログでは現在の展示状況につきご案内させて頂きます。     【ポール・ケアホルムのリビングシーン】 以前より展示しておりました、フリッツ・ハンセンにて製造されているポール・ケアホルムの家具をレイアウトしたリビングシーン。絵画はオランダのアーティスト”ヘールト・ファン・フ…more

オンラインでのインテリアコーディネート 承っております。

更新)Posted in Blog

  ダンスクムーベルギャラリーでは従来よりインテリアコーディネートサービスをおこなっており、メール・お電話でのご相談も承っております。   図面など拝見させていただきつつ、ご提案も行っておりますので、ご希望の方はどうぞお問い合わせくださいませ。 家具のレイアウト・具体的な商品提案・商品の仕様についてのご案内などが主な内容でございます。 お客様のご要望に合わせ、私たちにお手伝いで…more

店舗のエントランスに格子戸を設置しました。

更新)Posted in Blog

  ご来店くださったことのある方はご存知かと思いますが、エレベーターを降りた当店のエントランスはうす暗い小部屋のような空間になっております。         先日、こちらのエントランス部分に格子戸を設置しました。程よく店内から漏れる光が心地よく、印象もエントランスよりも「前室」のような風情となりました。       &…more

ベアチェア 最上級のかけ心地を探る ~ 構造と製造過程 ~

更新)Posted in Blog

  北欧家具にはたくさんの名作があり、どの作品も各々の素晴らしさがございます。また、椅子の掛け心地や相性は人により異なりますので、「どの椅子が一番良い」と言い切ることも難しいのが正直なところです。ただ、その中でも間違いなく最上級のランクに位置されるであろう家具の一つとして、本日は名作「ベアチェア」をご紹介いたします。         【ベアチェア(…more

【追加納品】税理士法人SBCパートナーズ様

更新)Posted in Blog

  東京支店の移転に伴いインテリアコーディネートを行わせて頂きました”税理士法人SBCパートナーズ”様へ、第二回目の納品を致しました。各会議室にフリッツ・ハンセン社のオックスフォードチェアとセブンチェア、プルラリステーブル、そして、絵画を納めさせていただきましたので、ご紹介を致します。           &nbs…more

【構造を示すこと】ポール・ケアホルムの理念を体現した“ PK50 ”

更新)Posted in Blog

  当店ダンスク ムーベル ギャラリーにて開催中の企画展 “ポール・ケアホルムが残した名作”。本企画展にて展示しているポール・ケアホルム幻の3作品の中から、彼の理念の一つである「構造を示すこと」がまさにが体現されている作品、 “PK50″につき本日はお話したいと思います。         【天板】 天…more

【照明計画】心地よい空間のための、美しい灯りのつくり方

更新)Posted in Blog

  心地よい空間のための、美しい灯りのつくり方。 私たちが照明計画を考える際のポイントにつき、本日はお話させていただきます。         照明には大まかに分類すると、空間全体を照らす全般照明と、タスクライトのように限られたコーナーに光を集める部分照明があります。この二つをバランスよく組み合わせることで部屋に立体感と奥行きが生まれ、空間が広々と感…more

【本日より開催】「ポール・ケアホルムが残した名作」

更新)Posted in Blog

  本日より、「ポール・ケアホルムが残した名作」と題した展示をスタートいたしました。今では製造されていない幻の3アイテムを始め、ケアホルムの作品を中心に展示しておりますので、簡単に画像にてご紹介させていただきます。                         &nb…more