“PK54” ポール・ケアホルムのダイニングテーブル

[更新日] [公開日] Posted in Blog

 

円形のダイニングテーブル“PK54”は、ポール・ケアホルムの代表的なダイニングテーブルと言えます。ケアホルム夫人であるハンナ・ケアホルムが設計した自邸のダイニングで使うために、ダイニングチェアの“PK9”とともに1963年にデザインされました。

メーカーはフリッツ・ハンセン社より製作。

 

 

PK54

 

 

ダイニングテーブル“PK54”の構成は、大変シンプルです。テーブルトップは正円、ベースは4つの正方形を組み合わせたものであり、ベースとテーブルトップは天板の裏側よりビスで接合されています。素材は、天板は石、ベースはスチールという組み合わせです。

 

5990_PK54 - Marble_ greybrown

5989_PK54 - Marble_ greybrown

 

 

また、テーブルトップの高さは通常の西欧のダイニングテーブルより数センチ低い69cm。私たち日本人にとっては、ちょうどよい高さであると感じています。垂直方向ではなく、水平方向に空間の広がりを感じさせてくれ、座ったときに落ち着きのあるゆったりと安定した居心地の良さを私たちに与えてくれます。大げさかもしれませんが、畳の空間に通ずるような空間の広がりを感じます。

 

 

_MG_0984

 

 

また、このテーブルの大きな特徴に、テーブルの大きさの拡張する木製の“エクステンションリーフ(延長用の木製のパーツ)”があります。大理石と木の組み合わせのテーブルトップは、“PK54”に新たな表情を加えます。このエクステンションリーフにより、大人数でテーブルを囲むことが可能になり、一つのテーブルで様々なシチュエーションに応えることができます。一つの食卓を人と囲む楽しさを大切にしたデザインと言えるでしょう。

 

Model: PK54A Udførelse: marmor, ahorntræ,stål Designer: Poul Kjærholm Designår: 1963 Product: PK54A Finish: marble, maple, steel Designer: Poul Kjærholm Year of design: 1955 Modell: PK54A Ausführung: Marmor, Ahorn, Stahl Designer: Poul Kjærholm Designjahr: 1955

5991_PK54_ PK54A - Marble_ greybrown

ダイニングシーン②

 

dining

 

 

以前ダンスクムーベルギャラリーでは、“PK54”にハンス・J・ウェグナーのダイニングチェア“PP701”を組み合わせておりました。スチールと木を組み合わせた“PP701”はモダンで軽やかなチェアで、“PK54”との相性もぴったりです。くしくもこのチェアは、ウェグナーが自邸のダイニングのためにデザインしたもの。ウェグナー夫人の一番のお気に入りだったそうです。座り心地も申し分ありません。

 

 

c

まるでケアホルムとウェグナーのコラボレーションのようで、美しい組み合わせです。

 

現在は、ケアホルムデザインのダイニングチェア“PK9”と合わせて、展示をしております。
“PK9”は、誰も座っていないのに、椅子同士が語らい合っているような、風格があり威厳も感じさせる組み合わせです。

 

IMGP0742

 

 

ダイニングテーブル”PK54″は、こちらのページでもご紹介をしております。

PK54

 

 

 

DANSK MØBEL GALLERY(ダンスク ムーベル ギャラリー)

〒104-0061 東京都中央区銀座1-9-6 松岡第二銀緑館2F
TEL 03-6263-0675
FAX 03-6263-0676
MAIL d-info@republicstore-keizo.com
OPEN 12:00-19:00
定休日 毎週水曜日
Facebook https://www.facebook.com/danskmobelgallery/
Instagram https://www.instagram.com/danskmobelgallery/

 

▽株式会社KEIZOグループ店舗一覧
REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKA
DANSK MØBEL GALLERY
HOUSE OF TOBIAS JACOBSE