フリッツ・ハンセン 正規代理店 / REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE BLOG: ライフインデンマークアーカイブ

ライフインデンマークの最近のブログ記事

デンマークからの学び②

前回はデンマークの社会についてご紹介しましたが、続く生活についてご紹介します。

先述の通り、幸福度の高さにはそれぞれの考え方も重要だと思います。

その中で「自分の生活を楽しむには?」と人生について考えているのだと思います。


プライベートの時間では食事や家族との時間、夏のひだまりを楽しむ時間もみんな大切にします。

そうなると必然的に家の中も自分たちの心地が良いようにこだわります。

IMG_6208.jpg
友人を招いて会話を楽しんだり、ヒュッゲな空間で過ごします。



デンマーク社長宅3jpg.jpg
少し暗くなってきたら、シーリング照明ではなく必要なところに必要な明かりを灯します。

デンマーク社長宅5.jpg


357b98978bbf84edf4b46392c7e4e6ee1356b325.jpg


2026b1f4d5e8286b25f6c4959ef6790ae181f9d2.jpg

デンマークの暮らしを楽しむ知恵は人生においても考える機会になる学びが多い気がします。

▽株式会社KEIZOグループ店舗一覧

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKA

DANSK MØBEL GALLERY

HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN

デンマークからの学び①

今回はフリッツハンセンが生まれた国、デンマークについてご紹介します。


一般的にデンマークというと「世界一幸せな国」として国名を知っている方も多いと思います。

また有名なのが高い税率も知られていますね。

消費税率は25%ですし、所得税率は40~60%にもなります。

IMG_1814.JPG

そんな高い税率を納めるのでは長時間働くのかと思いきや、労働時間も週に37時間までという法律もあり、年間6週間の休暇を取るという制度もあります。


納めた税収は福祉に充てられ、教育も大学まで無償です。
貧富の差が少なく、等しく生きられる事が幸福度を高めています。

IMG_1813.JPG


しかし、その社会システムだけでなくデンマークの人々は公共機関に対する期待が低いそうです。
もともと期待していないから不満もなく、「現状の生活で満足」と感じています。
また、自分だけ幸せになろうとも考えておらず、税金も必要な人に分配したら良いと考えているそうです。

IMG_1766.JPG


そうした考え方が自分を豊かにしているのかもしれません。

それぞれの幸福度を高めるきっかけは、もしかしたら自身の中にあるのかもしれませんね。

海外納品例・DR(Danish Broadcasting Corporation)

DR(デンマーク放送協会)は、デンマークにおける公共放送局でラジオとテレビ兼営しています。
1925年設立以降、本部はコペンハーゲンにあります。

オフィスにはファブリックにこだわった、素敵なワークプレイスを紹介します。


8020_Reference - DR _Danish Broadcasting Corporation_.jpg
8019_Reference - DR _Danish Broadcasting Corporation_.jpg8018_Reference - DR _Danish Broadcasting Corporation_.jpg8013_Reference - DR _Danish Broadcasting Corporation_.jpg8016_Reference - DR _Danish Broadcasting Corporation_.jpg8014_Reference - DR _Danish Broadcasting Corporation_.jpg8017_Reference - DR _Danish Broadcasting Corporation_.jpg8015_Reference - DR _Danish Broadcasting Corporation_.jpg

8010_Reference - DR _Danish Broadcasting Corporation_.jpg7816_Reference - DR _Danish Broadcasting Corporation_.jpg7815_Reference - DR _Danish Broadcasting Corporation_.jpg7814_Reference - DR _Danish Broadcasting Corporation_.jpg7812_Reference - DR _Danish Broadcasting Corporation_.jpg7813_Reference - DR _Danish Broadcasting Corporation_.jpg

DR - Danish Broadcasting Corporation
Location: Copenhagen, Denmark
Category: Corporate
Products: Series 7™
Credits: Egon Gade

▽株式会社KEIZOグループ店舗一覧

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKA

DANSK MØBEL GALLERY

HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN

フリッツ・ハンセンの歴史1

1872 - 1929

フリッツ・ハンセンの歴史は1872年に始まります。
創業精神に富んだ ナクスコウ出身のキャビネット職人、フリッツ・ハンセンが通商権を取得したことから始まります。


800x450_1872 jpg.jpg

1885年は決定的な年となりました。家具製造会社を立ち上げ、2年後にはコペンハーゲン中心街の クリスチャンハウンに製作所を立ち上げ、確固とした成功に持ち込みました。フリッツと息子クリスチャンは品質水準を高め、その後その品質の高さが フリッツ・ハンセン製品の特徴となっています。



創業以来50年間にわたり長々と連なる一流顧客のリストは、20世紀初頭におけるフリッツ・ハンセンの評判が既に高かったことを示しています。


フリッツ・ハンセンが家具を手掛けた建造物の一例としては クリスチャンボー城、大学図書館、コペンハーゲン市庁舎、最高裁判所、その他の大規模なプロジェクトがあります。


クリスモスチェア(カイ・ゴットロブ).jpg

クリスモスチェア デザイナー:カイ・ゴットロップ


ケルンチェア(マーティン・ニーロップ).jpg

ケルンチェア

デザイナー:マーティン・ニーロップ



フリッツハンセン初のオフィスチェア(デザイナー不詳)-thumb-400x212-4971.jpg

フリッツハンセン社初のオフィスチェア

デザイナー:不詳


デンマーク国会議事堂(トルヴァル・ヨルゲンセン).jpg

デンマーク国会議事堂の椅子

デザイナー:トルヴァン・ヨルゲンセン


DSC_0034.jpg


*【建築家・法人の方はこちらをご覧下さい。】

ニコライ・バーグマン ART EXHIBITION"YELL"

東京コントラクト営業部: Takahito

日本とデンマークの外交関係樹立150周年のイベントのご案内です。

親善大使となったニコライ・バーグマン氏が
デンマークで活躍するモダンアーティストの作品とともに
北欧と和を融合させた独自の世界観のフラワーアート作品を展示します。

期間:2017年4月13日(木)~27日(木)
場所:デンマーク王国大使館

花、植物とアートが共存する世界、そこから生まれる調和をご体感ください。



詳細は下記の資料をご確認ください。

20170404.png

201704041.png


以前のニコライ氏のインタービューもご覧下さい。
http://www.republicstore-keizo.com/my_first_blog/2017/03/post-737.html

【法人のお客様はこちらへご連絡ください。】

▽株式会社KEIZOグループ店舗一覧

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKA
DANSK MØBEL GALLERY
HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN

デンマークのホリデーシーズン

東京コントラクト営業部: Takahito

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

さて皆さんはどのように過ごされましたか?
大晦日からお正月にかけて家族で過ごしたり、初詣や初売りに行かれた方も多いのではないのでしょうか。

デンマークではクリスマスが日本の正月にあたりますので、その少し前から休みになるところが一般的です。
ホリデーシーズンはクリスマスマーケットと呼ばれる出店がでています。

デンマーク在住のayanomimiの岡村彩さんにその写真を頂きましたのでご紹介します。

アルネ・ヤコブセンが設計した、SASロイヤルホテル(現・ラディソンブルロイヤルホテル)にも程近いチボリ公園に今年もクリスマスマーケットが開かれたそうです。

20170104 (2).JPG

日本とはまた違った華やかさに包まれます。

20170104 (3).JPG

ツリーのオーナメントや大切な人たちへの贈り物を見つけようと賑わうそうです。


いつかはデンマークでクリスマスから年越しを過ごしてみたいですね。



【法人のお客様はこちらへご連絡ください。】
株式会社KEIZO

コントラクト事業部 東京
担当:森川 隆仁
TEL:03-6263-0614
メール:takahito@republicstore-keizo.com

▽株式会社KEIZOグループ店舗一覧

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKA
DANSK MØBEL GALLERY
HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN

もうすぐクリスマス

東京コントラクト営業部: Takahito

15253503_10155180744484316_1203199022225744604_n.jpg

早いもので12月に入り、6日も過ぎましたね。

日本とくらべるとゆっくりしているデンマークの人たちも、1年に1度の大イベント、クリスマスへ向けて大忙しになっている頃かと思います。

街には暖かな光のオブジェ、ショーウインドウには赤いモチーフの商品で溢れます。


特にデンマークでは"ニッセ"と呼ばれる小人の妖精の人形をいたるところで目にすると思います。
15253503_10155180744484316_1203199022225744604_n1.jpg

(*ノルディカ社のニッセ人形)
長いとんがり帽子のこの妖精はサンタクロースのアシスタントなのですが、プレゼントを包んで届ける役目があります。
その言い伝えは古く、機嫌を損ねてイタズラされぬようにお粥を備えたりもします。

そんなデンマークの人々は一緒に過ごす人へのギフト探しで毎日大変だそうです。


皆さんのクリスマスギフトはお決まりでしょうか。
年に一度のこの機会に素敵なギフトを贈ってあげてくださいね。

15203379_10155172264299316_2597025314107690782_n.jpg

【法人のお客様はこちらへご連絡ください。】
株式会社KEIZO

コントラクト事業部 東京
担当:森川 隆仁
TEL:03-6263-0614
メール:takahito@republicstore-keizo.com


▽株式会社KEIZOグループ店舗一覧


REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKA

DANSK MØBEL GALLERY

HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN

海外納品例・Geranium(Copenhagen)

東京コントラクト営業部: Takahito


コペンハーゲンの三ツ星レストラン「Geranium」

「私たちの使命は全ての感覚を伴う食事を作ること」とホームページにあるように
インテリアも美しい空間です。


20160506 (1).jpg


20160506 (2).jpg


20160506 (3).jpg



20160506 (4).jpg


20160506 (5).jpg


20160506 (6).jpg


20160506 (7).jpg


20160506 (8).jpg


20160506 (9).jpg


PK54の御影石にエクステンショントップ、PK8にフロントパディングと品のある洗練された空間です。

【法人のお客様はこちらへご連絡ください。】

株式会社KEIZO
コントラクト事業部 東京

担当:森川 隆仁

TEL:03-6263-0614

メール:takahito@republicstore-keizo.com

DANSK MØBEL Gallery ホームページ
HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN ホームページ

2015年 デンマーク研修報告⑦


青山店:yusuke



今回はアルネ・ヤコブセンがトータルデザインを致しましたベルビュー地区のご紹介を致します。ベルビュー地区はヤコブセンが29歳の時にコンペに勝ち、トータルで手掛けるプロジェクトとなりました。劇場やレストラン、住宅など全てヤコブセンがデザインを致しました。

まずはベルビューシアターをご紹介いたします。こちらの劇場は現在も使用されており、開閉式の屋根を持っています。建物には優雅な曲線がいたるところに使用されております。


DSC02405.JPGDSC02340.JPGDSC02345.JPGDSC02350.JPGDSC02376.JPGDSC02391.JPGDSC02392.JPG
劇場の隣にはレストランがあります。以前は「レストランヤコブセン」として営業しておりましたが、今は異なるレストランとなり家具も入れ替わっていました。


DSC02403.JPGDSC02413.JPGDSC02414.JPG
そして、その隣にありますのが集合住宅であるベラヴィスタ。低層で白い外壁のベラヴィスタは大変美しく、海を眺められるように各住戸を凹凸に配置しているのも特徴です。日本でベラヴィスタの写真を見たときからその美しさに惚れ惚れしていましたので、実際に見たときはとても感動しました。欲を言えば、今度は建物の部屋の中から外を見てみたいと考えています。


DSC02423.JPGDSC02421.JPG
その隣にはタウンハウスであるスーホルムが並びます。ベルビュー地区が1930年代のプロジェクトである中、こちらのスーホルムだけは1950年代に建てられております。白い色を基調としたベルビュー地区の中にあって、スーホルムは黄色いレンガを使用。さわやかで軽やかなベラヴィスタに比べ重厚な印象があります。


DSC02427.JPG
浜辺にある監視塔やビーチバレーのポールなどもヤコブセンのデザインです。青と白の色が非常にさわやかです。この日は若干肌寒い気候でしたが、海に入っている地元の方を見かけました。


DSC02449.JPGDSC02454.JPGDSC02445.JPG
全体的に白を基調とし爽快でさわやかな印象の地区です。また、コペンハーゲンとはまた異なり、とても静かでゆっくりとした時間が過ぎていました。今度は是非夏に行ってみたいと思っています。



2015年 デンマーク研修報告①
2015年 デンマーク研修報告②
2015年 デンマーク研修報告③
2015年 デンマーク研修報告④
2015年 デンマーク研修報告⑤
2015年 デンマーク研修報告⑥











◆青山店・大阪店では現在、全世界25セット限定のラフ・シモンズ仕様PK80/91を展示しております

3600.jpg




※REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STOREはフリッツ・ハンセンを扱う唯一の専門店です。
REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE ホームページ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE オンラインショップ




.

2015年 デンマーク研修報告⑥


青山店:yusuke



今回は前回に引き続き、ラディソン・ブル・ロイヤルホテルのご紹介を致します。前回はヤコブセンスイート=606号室のご紹介でしたが、今回はハイメ・アジョンのデザインした506号室をご紹介いたします。


DSC01908.JPGDSC01944.JPG

ラディソン・ブル・ロイヤルホテルは、506号室をアルネ・ヤコブセンのオリジナルデザインが維持される606号室と調和した一室にするため、世界的に有名なスペイン人デザイナーのハイメ・アジョンにトータルデザインを依頼しました。こうして、606号室とは内装は異にしながらも共通のコンセプトを持った506号室が生まれたのです。



3585.jpgDSC01914.JPG3582.jpgDSC01916.JPG3576.jpgDSC01930.JPGDSC01940.JPG
デザインはもちろん、お部屋全体の色彩も非常に鮮やかで、壁に掛けられたマスクなど、いかにもハイメ・アジョンらしい遊び心満載のお部屋となっておりました。ホテルの方の話によりますとこちらのお部屋は期間限定のようで、将来的にはなくなってしまうようです。もし近日中にデンマークに行かれるご予定のある方は、是非この機会に506号室にご宿泊してみてください。


2015年 デンマーク研修報告①
2015年 デンマーク研修報告②
2015年 デンマーク研修報告③
2015年 デンマーク研修報告④
2015年 デンマーク研修報告⑤










◆青山店・大阪店では現在、全世界25セット限定のラフ・シモンズ仕様PK80/91を展示しております

3600.jpg




※REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STOREはフリッツ・ハンセンを扱う唯一の専門店です。
REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE ホームページ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE オンラインショップ




.

2015年 デンマーク研修報告⑤


青山店:yusuke



今回はデンマーク研修で宿泊をしましたラディソン ブルー ロイヤルホテル(旧SASロイヤルホテル)の「アルネ・ヤコブセンスイート」=606号室をご案内いたします。



DSC01234.JPG
こちらのホテル、ご存知の方も多いかと思いますが、デンマークの首都コペンハーゲンに1960年に完成いたしました。ホテルの設計はもちろん、内部のインテリアもすべてアルネ・ヤコブセンがトータルデザインをしました。完成当時、このような高層ビルが少なかったコペンハーゲンではかなり批判を浴びたようです。暑い日に窓を開けている様子などから「パンチカード」と揶揄されたようでが、時を経るにつれ評価が高まり、現在ではコペンハーゲンのランドマーク的存在となっております。

ロビーやレストランなど静かで落ち着きがあり、日本とは異なった距離感・ホスピタリティが非常に心地良かったです。空港も街中もそうでしたが、やはりこちらのホテルも親しみやすい静かな空間でした。

こちらのホテルのインテリアは時間と共に少しずつオリジナルから変わってきましたが、そんな中、唯一当時のインテリアを保っている部屋があります。「アルネ・ヤコブセンスイート」と呼ばれている606号室です。


DSC01905.JPGDSC01906.JPG
雑誌やインターネットなどにも頻繁に紹介されておりますので、606号室の画像を御覧になられた方も多いのではないでしょうか。私も書籍などで見ておりましたが、やはり実際に見る606号室は格別でした。


DSC01846.JPG

DSC01858.JPGDSC01859.JPGDSC01871.JPGDSC01872.JPGDSC01874.JPGDSC01885.JPG


何と言いましても全体の色調が上品で優しく、柔らかく包まれるようないかにも北欧という色使いをしていたように思います。

次回は「ハイメ・アジョンスイート」=506号室をご案内させていただきます。


2015年 デンマーク研修報告①
2015年 デンマーク研修報告②
2015年 デンマーク研修報告③
2015年 デンマーク研修報告④










◆青山店では現在、全世界25セット限定のラフ・シモンズ仕様PK80/91を展示しております

3600.jpg




※REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STOREはフリッツ・ハンセンを扱う唯一の専門店です。
REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE ホームページ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE オンラインショップ




.

デンマーク最新情報


大阪店:mao



1867年に日本とデンマークは友好条約を結び、2017年で150周年を迎えます。
150周年という節目を迎えるにあたり、今年の秋よりコペンハーゲンにあるデザインミュージアムでは日本の工芸品にスポットを当てた大変興味深い展示がスタートいたしました。

そんな展覧会や展覧会にまつわるイベントの情報をコペンハーゲン在住の岡村彩さん(ayanomimi主宰)より、お送りいただきましたのでご紹介させていただきます。



(以下) 岡村彩さんより 


DSC06804.jpeg


DSC06796.jpeg

工芸博物館の"Learning from Japan展"は日本とデンマークの深い繋がりを改めて感じる事の出来るとても興味深い展示になっています。

ayanomimiでは展示会の日本語の資料を担当させて頂きました。

2017年まで展示しておりますので次回コペンハーゲンをご訪問の際は是非お立ち寄り下さい。

展示会リンク:http://designmuseum.dk/presse/presserum/learning_from_japan

IMG_8550.jpeg

10月9日にはコペンハーゲン市の秋祭り"Copenhagen Culture Night"が開催され、デザインミュージアム(旧:工芸博物館)では"日本のお祭り"をテーマに子供向けのワークショップ(扇子やお面を作る工作室)や大人の為のお茶会・デザイントークが開催されました。

ayanomimiは野外DJブースを企画し、コペンハーゲン在住の日本人の若手クリエイター達と一緒に日本の音楽(オールジャンル)で来場者の方々を迎えました。

IMG_8536.jpeg


IMG_8525.jpeg

岡村 彩



いつも素敵なデンマーク情報をお送りいただく岡村彩さんが10月26日~30日の期間中、東京でトークイベントを開催されます。
岡村さんがプレゼンテータを務められ各回多彩なゲストを迎えて、デンマークのさまざまな環境とデザインについてトークをされます。
デンマークにお住いの岡村さんならではの貴重なお話が聞けるのではないでしょうか。
ご興味のある方は是非ご参加ください!!

◆イベントについてはこちらから◆
cover-kcr3CQpJYS0poWQAfnMWQ3o8TXrwGYLu.jpeg

*イベントは全てチケットが必要となります。下記のサイトから事前にご購入ください >>> http://www.ayanomimi.com/tickets.html
*イベントに寄って会場が異なります。ご来場の前にご確認下さい。






岡本彩さん2.jpg

岡村 彩 ―デザインプロデューサー ビジネスコンサルタント―
デンマークコペンハーゲン生まれ コペンハーゲン商科大学院卒
在学中は慶応義塾大学商学研究科 スペイン・コルバド大学に留学
2009年ayanomimi設立 
4か国語でのコミニケーション(日本語・デンマーク語・英語・スペイン語)
グローバルな視点でクリエイティブ・ビジネスを進めます

ayanomimi HP http://www.ayanomimi.com/








※REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STOREはフリッツ・ハンセンを扱う唯一の専門店です。

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE ホームページ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE オンラインショップ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE Instagram





.

2015年 デンマーク研修報告④


青山店:yusuke


今回のデンマーク研修報告では、ルイジアナ美術館の画像をご紹介いたします。ルイジアナ美術館はコペンハーゲンから少々離れており、北に約35Kmほど行った海沿いにあります。絵画や彫刻、インスタレーションなど近現代のアートが中心です。展示内容ももちろんですが、そのロケーションと建築が美しい美術館です。

元々邸宅であった建物を利用して美術館としていますが、敷地が広く、建築は複雑な回廊式になっています。何となく気の向くままに歩いていた私は自分がどこにいるのかしばしば分からなくなりました。



DSC01829.JPG海と空の青に芝生が非常に綺麗でした。フリッツ・ハンセン社の本社やスラレド市庁舎も空の青と芝生の緑が非常に美しく、この組み合わせは今回のデンマーク研修で非常に良く目にしました。とても印象深いです。



DSC01828.JPGDSC01827.JPGカフェでドリンクなどを買い、思い思いに芝生に座りゆっくりと過ごしている人が多くいました。私が行った9月頭は少しひんやりとする気候でしたが、暑すぎず寒すぎず、外でのんびりするには良いくらいの気候でした。



DSC01831.JPGカフェのテラス席に置いてあるチェアはキャスパー・サルトがデザインしたアイスチェア。風で倒れた際も背面のカーブがクッションの役目を果たし、割れたりすることがないように出来ています。脚の先端のキャップには、雨水などが溜まらないように水抜きの穴が開いています。素材は耐光性にとんでいるASAプラスチックを使用。デザインももちろん、機能性も非常に優れたチェアです。



DSC01835.JPG建物内の席にはセブンチェア。柔らかい色合いが窓から差し込む光と相まってとても柔らかい空間を演出していました。



DSC01833.JPG屋外にあった彫刻です。何となく可愛いので写真にとってきました。「飾る」「展示する」というよりも、「何となくそこにある」といった具合に、屋外には彫刻作品がいたるところにありました。




そして私が一番感動したのがこちらです。




223_large.jpg


ホールに設置された木製の固定のチェア。こちらはポール・ケアホルムの作品。今まで写真や本などで見てきましたが、やはり実際に現地で見たときの感慨はひとしおでした。催し物もなかったため、電気も消えており人も全くおらず、ホールは静まり返っていました。そんな中、整然と並んでいるチェアは、ケアホルムの作品に共通する静謐さを湛えていました。

ほとんどのチェアは座面がたたまれておりましたが、たまに座面が開いたままのチェアがあり、それがまた詩的で非常に美しかったのを覚えています。


次回も引き続き、デンマーク研修報告をさせていただきます。

2015年 デンマーク研修報告①
2015年 デンマーク研修報告②
2015年 デンマーク研修報告③











◆青山店では現在、全世界25セット限定のラフ・シモンズ仕様PK80/91を展示しております

3600.jpg




※REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STOREはフリッツ・ハンセンを扱う唯一の専門店です。
REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE ホームページ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE オンラインショップ




.

2015年 デンマーク研修報告③


青山店:yusuke


今回のデンマーク研修報告では、スラレド市庁舎(Sollerod City Hall、スレロド市庁舎)をご紹介いたします。スラレド市庁舎はアルネ・ヤコブセンと旧友のフレミング・ラッセンの共同設計で、1942年に竣工しました。

外観は淡いグレーの大理石。直線的な外観と相まって威厳を与えていますが、窓が多いため威圧感はありません。私が行ったときは天候も良く、大理石が綺麗に青空に映えておりました。


DSC01765.JPG
エントランスは明るい日差しがふんだんに入る設計で、建物内部に植栽もあり、非常に柔らかい空間となっています。

DSC01770.JPG
天井の高い開放的な議場には、アーム付きのセブンチェアが使用されています。

DSC01796.JPGDSC01775.JPGDSC01777.JPG
廊下には木材をふんだんに用い、自然の中にいるかのような印象です。直線的な建物のデザインと対照的に、素材感は非常に柔らかです。

DSC01810.JPGDSC01773.JPG
照明もヤコブセンのデザインです。楕円形の反射板に光を当てるというユニークなものです。

DSC01795.JPG
最上階にある食堂にも、フリッツ・ハンセン社のテーブルとセブンチェアが用いられていました。

DSC01805.JPG
また、個人的に一番感動したのが中庭の美しさです。中庭と市庁舎の組み合わせは大変美しく、いつまでも見ていたくなるような不思議な場所でした。なお、こちらの市庁舎は1969年に増築され、既存部分とは渡り廊下により繋がっています。

DSC01818.JPG
次回も引き続き、デンマーク研修報告をさせていただきます。

2015年 デンマーク研修報告①
2015年 デンマーク研修報告②











◆青山店・大阪店では現在、全世界25セット限定のラフ・シモンズ仕様PK80/91を展示しております

3600.jpg




※REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STOREはフリッツ・ハンセンを扱う唯一の専門店です。
REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE ホームページ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE オンラインショップ




.

2015年 デンマーク研修報告②


青山店:yusuke


デンマーク研修では、フリッツ・ハンセン社の本社にも行ってまいりました。この日は快晴で、前庭の芝が非常に気持ちよく映えておりました。


DSC01302.JPGDSC01306.JPG
中には様々な展示があり、今までフリッツ・ハンセン社にて製造されてきたチェアや最新の商品など、まさにフリッツ・ハンセン社の歴史が詰まっております。



歴代のチェアの展示
DSC01312.JPG


製造途中のエッグチェア

DSC01348.JPG


セブンチェアの構造を説明する展示
DSC01434.JPG


SASロイヤルホテルの606号室を模した展示

DSC01533.JPG


エントランスに置かれたPK31の6人掛け
DSC01515.JPG


次回も引き続き、デンマーク研修報告をさせていただきます。

2015年 デンマーク研修報告①











◆青山店・大阪店では現在、全世界25セット限定のラフ・シモンズ仕様PK80/91を展示しております

3600.jpg




※REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STOREはフリッツ・ハンセンを扱う唯一の専門店です。
REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE ホームページ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE オンラインショップ




.

2015年 デンマーク研修報告①


青山店:yusuke


先日、1週間ほどデンマークに研修に行ってまいりましたので、ご報告いたします。


map_dkk.jpg
デンマークは日本から直行便で約10時間半ほど、日本との時差は7時間(日本のほうが7時間進んでいる)です。飛行機が苦手な私は10時間半が随分と長く感じられるだろうと思っていたのですが、実際はあっという間についてしまいました。機内では予習としてデンマーク関連の書籍などを読んでおりました。私が行った9月初旬は気温はかなり低く、セーターはもちろん、薄いダウンがあっても良いくらいの気候でした。


DSC01171.JPGDSC01172.JPG
宿泊はアルネ・ヤコブセンが設計をしたSASロイヤルホテル(現ラディソンブルー ロイヤルホテル)。ヤコブセンはこのホテルのために、家具やカトラリー、ドアノブ、照明などをトータルコーディネートしました。そして、このホテルの為にエッグチェアスワンチェアがうまれました。


DSC01234.JPGDSC01174.JPGDSC02013.JPGDSC01185.JPGDSC02830.JPGDSC02819.JPG
宿泊をした部屋にもスワンチェアとセブンチェアがありました!非常に贅沢です。「これから宿泊中は毎日スワンとセブンに座ってくつろぐことが出来るのか!」と思いましたが、実際は研修がびっしりと入っていたため、あまりゆったりと過ごす余裕はなかったです。


DSC01204.JPGDSC01208.JPGDSC01215.JPG
部屋からの眺めも非常に素敵でした。デンマークはアップダウンが少なく平坦な土地となっており、高い建物も少ないため、割と遠くまで綺麗に見渡すことが出来ます。私の部屋は10階でした。近くに鉄道の駅があり、線路も良く見えました。


DSC01218.JPGDSC01219.JPGDSC01225.JPG
街自体もあまり派手ではなく、海外にいながらもどこかしら落ち着く、静かな佇まいをした街でした。次回も引き続き、デンマーク研修報告をさせていただきます。











◆青山店・大阪店では現在、全世界25セット限定のラフ・シモンズ仕様PK80/91を展示しております

3600.jpg




※REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STOREはフリッツ・ハンセンを扱う唯一の専門店です。
REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE ホームページ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE オンラインショップ




.

デンマーク便り~夏のコペンハーゲン~

東京コントラクトセールス: Takahito

デンマークにお住まいのayanomimiの岡村さんから夏のコペンハーゲンの便りを頂きました。


----------------------------------------------------------------
コペンハーゲンはジャズ・フェスティバルの季節になりました。
天気も暑くなり街は夜遅くまで賑やかです。
添付写真は市内の"ギャラリー・ガンメルスタン"の中庭の様子です。
以前クレスティーヌ・ケアホルムさんと"セゾン"の特別イベントを行ったギャラリーです。

201507071.jpg



201507072.jpg
*以前のBLOGをご参照ください。
http://www.republicstore-keizo.com/my_first_blog/2015/02/ayanomimi-in-1.html

このイベントは1979から続いている世界的にも人気の高いジャズフェスティバルです。
コンサートホールやカフェではもちろん、"Jazz by the sea"(ウォーターフロントでの演奏)、"Kids Jazz Festival"、ボートの上や公園での演奏など、100カ所のステージを使い街中が音楽に包まれます。
パフォーマンスは若手アーティストやビッグバンド、ジャズ界の大御所もこの時期はコペンハーゲンに集まります。
今年はTony Bennett & Lady Gaga, Herbie Hancock & Chick Corea, Al Jarreau, Jamie Cullum等々、豪華なラインアップです。

いつか夏のコペンハーゲンにお越し下さい^^


コペンハーゲン JAZZ festivalについては是非こちらのリンクをご覧ください:
英語ウェブサイト: http://jazz.dk/en/copenhagen-jazz-festival-2015/frontpage/

------------------------------------------------------------

日本も梅雨が明けるのが待ち遠しいですね。

*法人のお客様はこちらへご連絡ください。

株式会社KEIZO 
コントラクトセールス 
東京担当:森川
TEL/FAX:03-6427-6388
MAIL:takahito@republicstore-keizo.com

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE ホームページ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE オンラインショップ

ラクトセールス: Takahito


大阪店:mao


昨日ご紹介させていただいた岡村彩さんが運営するayanomimi主催による
コペンハーゲンでのイベント「2世代のケアホルムと日本」
岡村彩さんよりイベントの最新情報が届きました!



岡村彩さんより (以下原文)

明日がいよいよオープニングです。

一足早く展示の一部を公開致しました。

今回の企画に込められたメッセージも是非ご覧ください:
http://www.ayanomimi.com/archive/poul-kjaerholm-krestine-kjaerholm-og-japan

明日のオープニングではトークイベントを開催致します。
2011年にスタートしたayanomimiプロデュースの「セゾン」から始まり、
2014年のクレスティーヌさんの初来日に至迄、貴社を含め多くの方々に
ご協力頂いて来ました。

ついに"2世代のケアホルム"をこのような形で本場デンマークで紹介する事が
出来てとても嬉しく思っております。
代々受け継がれる"デニッシュデザインと日本"の関係をより多くの方に
伝えられればと思います。

今回展示されるクレスティーヌさんのラグとタペストリーの多くは
初めて一般公開されるユニーク・ピースです。
ポールケアホルムの家具とのマッチングにはクレスティーヌさんご本人も
びっくりされる程何もかもピッタリでした!^^
またイベント写真が撮れましたらレポートを致します。

今後とも何卒宜しくお願い致します。


岡村 彩




お便りの中でご紹介いただいたページの中から
素敵な展示風景を一部抜粋し、ご紹介させていただきます。

A.Petersen 01.jpg



A.Petersen 03.jpg



A.Petersen 04.jpg
左から岡村彩さん、クレスティーヌ・ケアホルムさん、
イベント会場「A. Petersen Collection & Craft」のオーナーAnders Petersenさん。




ayanomimi イベントDK.jpg


「2世代のケアホルムと日本」は
2月6日から2月28日までコペンハーゲンにあるデザインショップ
「A. Petersen Collection & Craft」で開催中です!






岡本彩さん.jpg

岡村 彩 ―デザインプロデューサー ビジネスコンサルタント―
デンマークコペンハーゲン生まれ コペンハーゲン商科大学院卒
在学中は慶応義塾大学商学研究科 スペイン・コルバド大学に留学
2009年ayanomimi設立 
4か国語でのコミュニケーション(日本語・デンマーク語・英語・スペイン語)
グローバルな視点でクリエイティブ・ビジネスを進めます

ayanomimi HP http://www.ayanomimi.com/




REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE ホームページ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE オンラインショップ




.


大阪店:mao




いつも最新のデンマーク情報をお送りいただいている岡村彩さん。

先日ご紹介しました日本でのイベントに先駆けて、

デンマークでも明日2月6日より注目のイベントを開催されます。


岡村彩さんからのお便りとともにご紹介させていただきます。
(以下 岡村さんからのお便り原文)

コペンハーゲンでは来週からA.Petersenのショールームにて
「2世代のケアホルムと日本」というイベントを開催致します。

ポールケアホルムのビンテージ家具とクレスティーヌさんのテキスタイルを展示します。

トーク・イベントではクレスティーヌさんが日本を訪問して受けた印象や、

日本とデンマークを繋げるデザインビジネスについてお話をさせて頂きます。

京都での思い出や貴社でのイベントについて等お話出来ればと思っております。
岡村 彩

ayanomimi イベントDK.jpg

「2世代のケアホルムと日本」については下記ページをご覧ください。

http://apetersen.dk/kjaerholm-og-japan



イベントが開催される会場は、以前弊社ブログでご紹介させていただいた

「A. Petersen Collection & Craft」

オーナーAnders Petersen氏がセレクトした家具とアートのコレクションと

オーナー自らが職人さんと生み出したオリジナル商品を扱う、

コペンハーゲンに昨年オープンしたばかりのデザインショップです。


このショップではポール・ケアホルムの製品に加え、
ポールケア・ホルムの娘さんであり、テキスタイルデザイナーの
クレ
スティーヌ・ケアホルムさんデザインのラグ「SÆSON(セゾン)」
展開されています。



トークイベントではクレスティーヌさんから日本についての
どんなお話が聞けるのでしょうか?
昨年、弊社青山店で開催されたクレスティーヌさんの来日トークイベントに
ついても
お話しいただけるかもしれません。


クレスティーヌさん来日トークイベント記事は下記リンクから

TALK SESSION-Poul Kjærholm―①

TALK SESSION-Poul Kjærholm―②

TALK SESSION-Poul Kjærholm―③



イベント開催期間中にデンマークにご滞在予定の方は是非訪問してみてください!





岡本彩さん.jpg

岡村 彩 ―デザインプロデューサー ビジネスコンサルタント―
デンマークコペンハーゲン生まれ コペンハーゲン商科大学院卒
在学中は慶応義塾大学商学研究科 スペイン・コルバド大学に留学
2009年ayanomimi設立 
4か国語でのコミニケーション(日本語・デンマーク語・英語・スペイン語)
グローバルな視点でクリエイティブ・ビジネスを進めます

ayanomimi HP http://www.ayanomimi.com/




REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE ホームページ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE オンラインショップ




.

ayanomimi イベント情報


大阪店:mao



いつも最新のデンマーク情報をお送りいただいている岡村彩さん。
デンマークでayanomimiを運営する岡村さんが北欧に関するイベントを
日本で開催されることになりましたのでご紹介させていただきます。



4051693.jpg

2015年3月3日(火) イトーキ東京イノベーションセンターにて
「北欧の暮らしとテクノロジー」をテーマに、デンマークのビジネスと
イノベーションについてセミナーが催されます。
プレゼンターは岡村 彩さん(ayanomimi代表)と
中島健祐さん (デンマーク大使館 投資部 部門長)。
また、2月9日~3月7日までのイベント期間中はayanomimiプロデュースの
パネル展示もございます。

セミナー参加のお申込みや詳細は下記ページをご覧ください。
http://www.ayanomimi.com/archive/-danish-lifestyle-technology




6162675_orig.jpg

もうひとつはayanomimiプロデュース企画の
トークイベントのご紹介です。
3月13日(金) 東京デザインセンターOZONEにて
デンマークで40年以上活動をし続けているデザイン事務所
O&M DESIGNの岡村孝氏とErik Marquardsen氏(エリック・マクワードセン)
日本を代表するデザイナー岩倉榮利氏のトークライブが行われます。

テーマは家具デザインと「デザインビジネス」。
日本とデンマークでデザイナーとして働く事についてお話しいただけます。

トークライブ参加のお申込みや詳細は下記ページをご覧ください。

http://www.ayanomimi.com/archive/ayanomimi-om-design-x-eiri-iwakura-talk-event-in-tokyo




デンマークで生活されている岡村彩さんの視線で企画されたイベントは
どちらも北欧の今を知ることのできる大変貴重な機会です。

ご興味をお持ちいただいた方は是非ご参加ください!





岡本彩さん.jpg

岡村 彩 ―デザインプロデューサー ビジネスコンサルタント―
デンマークコペンハーゲン生まれ コペンハーゲン商科大学院卒
在学中は慶応義塾大学商学研究科 スペイン・コルバド大学に留学
2009年ayanomimi設立 
4か国語でのコミニケーション(日本語・デンマーク語・英語・スペイン語)
グローバルな視点でクリエイティブ・ビジネスを進めます

ayanomimi HP http://www.ayanomimi.com/




REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE ホームページ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE オンラインショップ


.

デンマーク X'mas情報


大阪店:mao


コペンハーゲン在住の岡村彩さん(ayanomimi主宰)より
デンマークのX'mas最新情報が届きましたのでご紹介させていただきます。



岡村彩さんより (以下原文)


お世話になっております。

2014年も残すところあとわずかとなりました。

年末のご挨拶とコペンハーゲンのクリスマスの写真をお送り致します。

岡村彩さん2014X7mas02.jpg

岡村彩さん2014X7mas01.jpg

赤いスワンチェアの写真はConfederation of Danish Industryの
エントランスホールです。

毎年デンマークでは「起業家ウィーク」というビジネスや
イノベーションをテーマに様々なイベントが開催される
特別週間があるのですが、その一環として
TIVOLI公園とコペンハーゲン市庁舎の隣に
新しく建設された
Confederation of Danish Industryのイベントに参加して来ました。



その他クリスマスの写真を添付致します。


岡村彩さん2014X7mas03.jpg


岡村彩さん2014X7mas04.jpg



岡村彩さん2014X'masカード.jpg


2015年も何卒宜しくお願い申し上げます。

岡村 彩


岡本彩さん.jpg

岡村 彩 ―デザインプロデューサー ビジネスコンサルタント―
デンマークコペンハーゲン生まれ コペンハーゲン商科大学院卒
在学中は慶応義塾大学商学研究科 スペイン・コルバド大学に留学
2009年ayanomimi設立 
4か国語でのコミニケーション(日本語・デンマーク語・英語・スペイン語)
グローバルな視点でクリエイティブ・ビジネスを進めます

ayanomimi HP http://www.ayanomimi.com/






REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE ホームページ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE オンラインショップ


.

デンマーク最新情報


大阪店:mao

コペンハーゲン在住の岡村彩さん(ayanomimi主宰)より
デンマークのショップ最新情報が届きましたのでご紹介させていただきます。



岡村彩さんより (以下原文)


今月1日にコペンハーゲンに新しくオープンしたデザインショップについて
ご報告致します。

A. Petersen Collection & Craft」はクリスチャンスハウンか

ら自転車で15分の元倉庫後の建物をリニューアルした所にあります。

オーナーAnders Petersen氏(34歳)は10年以上モダンアートと
クラシック家具の収集を趣味としてきました。
自らの家具とアートのコレクションの他、ショップに隣接した家具の工房で

職人さんと一緒にオリジナル商品を開発し、展開してゆくと言うのが
コンセプトです。


デンマーク便り1.jpeg


デンマーク便り3.jpeg


デンマーク便り4.jpeg


デンマーク便り2.jpeg

店内ではPK54PK9のセットに合わせてセゾン・ラグの展開も始めました。

お陰様で大変好評のようです。


岡村 彩






岡本彩さん2.jpg

岡村 彩 ―デザインプロデューサー ビジネスコンサルタント―
デンマークコペンハーゲン生まれ コペンハーゲン商科大学院卒
在学中は慶応義塾大学商学研究科 スペイン・コルバド大学に留学
2009年ayanomimi設立 
4か国語でのコミニケーション(日本語・デンマーク語・英語・スペイン語)
グローバルな視点でクリエイティブ・ビジネスを進めます

ayanomimi HP http://www.ayanomimi.com/




.

TABLE SERIESの可能性


青山店:Junichi



FritzHansenのテーブルの中でも、根強い人気の" TABLE SERIES "。一番人気な「スーパー楕円」や正方形のような楕円系の「スーパー円」、「正円」「長方形」「正方形」と、お部屋の形や大きさ、お好みに併せて、形をお選びいただけます。そして、脚の形状も「スパンレッグ」「スターベース」「シェーカーベース」よりお選びいただけます。
色んな椅子に合わせ易く、長く長く使っていただける普遍的なデザイン。そんなTABLE SERIESの実例の写真を通じて、皆様のお好みとコーディネートの幅を広げていただけると幸いです。


BテーブルとANT.jpg

Bテーブルとセブン・アント.jpg

AテーブルとICE.jpg

B439 with ICE ID219.jpg

B631,with Seven chairs.jpg

デンマーク工場(社員食堂).JPG

Aテーブルとセブン.jpg

AテーブルとRIN.jpg

AテーブルとRIN (2).jpg

AQV_ダイニングA-1.jpg

BテーブルとDROP.jpg

Dテーブルとグランプリ.jpg




TABLE SERIESは、天板・サイズ・形・脚部のカスタマイズにより、どんな椅子にも合わせていただけます。そして、ダイニング用のテーブルだけでなく、書斎やオフィスのデスク、会議室用のテーブルとしてまで、様々な使用用途でお使いいただけます。一人一人の感性で、無限の可能性を演出し、長く長く使えるデザイン" TABLE SERIES "。 大変お勧めでございます。


TABLE SERIESについてはこちらから:
http://www.republicstore-keizo.com/designers/ph_aj_bm.html

今年のハイメ・アジョンによる 新作テーブル"ANALOG"も是非!!:
http://www.republicstore-keizo.com/products/table/analog.html



REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE ホームページ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE オンラインショップ








青山店:Junichi


デンマーク コペンハーゲンでは、通勤通学の方40%が【自転車】を使用している程の自転車大国!!2025年にはなんと「50%!」という目標があるそうです。日本とは違い、自転車文化が強く根付いている国ですね。

DSC_0286.jpg
歩道の横は車1台通れるくらいの【自転車専用道路】があります!専用道路の為、猛スピードの方が非常に多かったです。タクシーから降りる時、自転車が後ろから来ないかを必ず確認しないと危ないのです!!

DSC_0780.jpg
朝の通勤時間には、走っている自転車のドライバーに、チラシ(新聞?)を手渡ししている人もいました。歩行者でなく、自転車のドライバーへ...凄いです。


ホテル前①.jpg
もちろん、SASロイヤルホテル前も、歩道横は自転車用道路です。


DSC_0658.jpg
勿論、デンマークの電車は、自転車を乗せられます。


DSC_0392.jpg
こんなちょっと変わった自転車も!子供みんなが漕いでいました。というよりも、これは自転車と呼べるのでしょうか。
ちなみに、右側の自転車は【クリスチャニアバイク】といい、荷台に人は勿論、貨物等を入れて運ぶ用のものです。




ストロイエ通りない.jpg
デンマークの自転車ブランド" VELORBIS "。見事な形の自転車が何台も止まっています。


ちなみに、当店Fritz Hansen Store AOYAMAの店頭前には...
自転車11.jpeg

ご覧のような【Fritz Hansen号】が、皆様をお出迎えしておリます!是非、ご来店頂き、運転してみてください。





REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE ホームページ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE オンラインショップ





青山店:Junichi


デンマークの研修から約1か月。日々デンマークの事を思い出して、楽しい気持ちになっております。さて、今回は、デンマークの【カストラップ空港】で見ることが出来るFritzHansenのプロダクトをご紹介いたします!!



<会員制 ビジネスラウンジ>
raunji2.jpeg


raunnji.jpeg
会員制ラウンジでは、アルネ・ヤコブセン尽くしです。
3300 SERIESSWANEGGTABLE SERIESのスターベース、そしてEGGフットスツール。
フットスツールを、ラウンジチェアの足置きとしてではなく、敢えて、一つの椅子として使用している所が、やはり長く関連のあるデンマークならではのコーディネートともいえるかもしれません。


<ジョージ・ジェンセン ラウンジスペース>
jyensen2.jpeg
洗練されたデザインのポール・ケアホルムのプロダクト。
レザーの経年変化が、良い味をだしておりました。

jyensen.jpeg
そして、レザーのSWANチェア
セッティングもビシッと、さすがデンマークの歴史のあるブランドです。


ちなみに他の所では、PK22セブンチェア等、FritzHansenの家具が様々なところで使われておりました。


ちなみにちなみに、カストラップ空港のショップでは、ルイス・ポールセンのアーティチョークが所々に贅沢に使われておりました!3灯吊りは、やはりゴージャスですね!!!

image3.jpeg

image4.jpeg






REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE ホームページ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE オンラインショップ



デンマークのクリスマス



コペンハーゲン在住の友人、岡村彩さんからメールを頂きました。
「デンマークはクリスマス一色です。我が家もツリーを飾りました。」
との事です。

長い冬を過ごす北欧の家庭の雰囲気が伝わってきました。
実は岡村さんのお家は、アルネ・ヤコブセンの設計なんです。
ご両親が何十年もかけて大切にメンテナンスしながら暮らされています。

xmas.jpeg
2014年冬 コペンハーゲン


P1100646.jpeg
2011年夏 岡村邸にて岡村孝さんと。

岡村さんについて詳しくは「ヤコブセンの家」をご覧ください。





只今、ソファキャンペーン開催中です。








REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE ホームページ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE オンラインショップ






.

弊社ショールームREPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKAの近くにある「中之島バンクスEAST」で、岡田美里さんのトークショー「北欧のクリスマステーブルと美しい紅茶の時間」を開催いたしました。

岡田さんは、デンマーク人のお祖母さまが遺してくれたロイヤルコペンハーゲンの小振りの器やカトラリーをテーブルコーディネートに加え、家族の物語とともにデンマークのおもてなしの雰囲気「ヒュッゲ」と北欧デザインの魅力について語ってくださいました。

岡田さんは、ホワイトラミネート天板のスーパー円テーブルの上に、ロイヤルコペンハーゲンの染め付けのブルーを基調にしてテーブルセッティング。ブラックのカラーというお花を添えて大人っぽく仕上げました。テーブルのそばには、鮮やかな赤い実をつけたウメモドキの枝に切り絵をつり下げてクリスマスを演出。同系色のものをコンパクトに配置することで空間を引き締め、簡素でありながら上質な雰囲気を作り上げました。

そして、北欧のおもてなしに欠かせないのが、ろうそくの灯りです。「朝のあわただしい中でも、ろうそくの火をつける余裕を持つのが、デンマーク人の心なのです」。

ろうそくの火がゆらめく中、岡田さんはお祖母さまの導きでデンマークの親戚との交流を通じ、その豊かな生活文化に傾倒していったことを振り返ります。「デンマークの家庭では常に生活の場が美しく整えられていて、急な客人でもティーセットでもてなしてくれます。働き者のDNAがあるんですね。大変に思えますが、それはちょっとした工夫と労力で実現できるのではと思います」。

ナプキンを使った簡単なテーブルセッティング、プレゼントに手作りの切り絵を添える心遣いなど、岡田さんはほんの一手間の心配りが生活に潤いを与えるきっかけになることを見せてくれました。

そんな生活におけるデンマークの人々の細部へのこだわりが、時代を超えて使われ続ける家具を生み出す大きな力になっているのでしょう。「私はいずれ、子どもたちにデンマークの家具を譲りたいと思って、少しずつそろえています」と岡田さん。家族のストーリーとともに家具や生活用品があることって、とっても素敵だとあらためて実感させられました。



2W9A1621.jpg


2W9A1590.jpg


2W9A1685.jpg




只今、ソファキャンペーン開催中です。




REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE ホームページ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE オンラインショップ






.

大阪店:misa

デンマーク研修から約1ヶ月が経ちましたが、現地で見たことや感じたこと、聞いたことなどがまだ鮮明に心に残っております。

その中で、フリッツ・ハンセン社CEOヤコブ・ホルム氏の自邸にお邪魔させていただいた時、実際のデンマークの暮らしについて聞いたお話がとても心に残っています。

「Hygge」(ヒュッゲ)とはデンマーク語で「居心地がいい」ということ。

日本の伝統である「おもてなし」に近いかもしれませんが、「おもてなし」は来客が居心地が良いと感じるように迎える側が設えるような印象です。

デンマークの暮らしの中の「Hygge」は、訪れる人たち、そして迎える自分も、たくさん話し、笑い、一緒に過ごし、そこに集うみんなが居心地がいいという意味です。

ヤコブ・ホルム氏も奥様も、色々な話を聞かせてくださって、そして豪快に笑っておられたのがとても印象的でした。

P9120025.JPG

このダイニングでお茶とお菓子をいただき、色々なお話を聞かせていただきました。

角のないテーブルは、上下関係などの型ぐるしさがなく、集う人みんなの顔が見え自然と会話が弾むと感じました。

P9120030.JPG

ダイニングテーブルのそばにある暖炉。

朝から少し天気が悪く肌寒い日でしたが、この火を見ただけで心まで温かくなりました。

P9120018.JPG

ナチュラルレザーのPK31/3。

所々にある濡れたようなあとを、奥様は「これは娘たちが濡れた髪のまま座った跡。この跡も私たちファミリーの大切な歴史になっていくのよ。」と、とても嬉しそうに話しておられました。

同じ日、1日の研修スケジュールが終わった遅い時間に訪問した、お宅もご紹介します。

IMG_0225.JPG

到着する頃を見計らって、飲み物やキャンドルなどをセッティングしてくださっていました。

IMG_0230.JPGのサムネール画像  IMG_0233.JPG

1日の疲れや緊張が緩むようなキャンドルの灯りに癒される気がしました。

照明を落としたキャンドルの灯りだけの空間は、集う人の表情がとても柔らかく感じました。

只今、ソファキャンペーン開催中です。

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE ホームページ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE オンラインショップ

.

ニュース from コペンハーゲン

コペンハーゲン在住の岡村彩さん(ayanomimi主宰)よりニュースが届きましたのでご紹介いたします。

 

 

こんにちは。

 

コペンハーゲンからのニュースをお伝え致します:

 

4月23日に「Influences from Japan in Danish Art and Design 1870 - 2010

(著者:Mirjam Gelfer-Joergensen、全424ページ、24,5 cm x 27,3 cm)が出版され、

デザインミュージアム・デンマーク(工芸博物館)で行われた出版発表会に招待されて行って参りました。

 

デザイナーやアーティストが日本の文化に影響されて生まれた優れたデニッシュ・アート及びデザインについて綴られています。

日本とデンマークの深い繋がりを改めて感じるとても興味深い一冊です。

取り上げられた作品の中にクレスティーヌ・ケアホルムさんの作品の一つとして「セゾン」が紹介されました。

学術的な本にAyanomimiがプロデュースした作品が取り上げられた事を大変誇りに思います。

 

写真を添付致しますので是非ごらんください。

 

Ayanomimiはこれからも日本とデンマークの繋がりを大切に、活動を続けてゆきたいと思います。

 

岡村 彩

 

 

IMG_3242.jpeg

本の表紙

 

 

IMG_3246.jpeg

クレスティーヌ・ケアホルムの作品(向って左が「セゾン」)

 

 

DSC00673_2.jpeg

 

DSC00724_2.jpeg

セゾンのイメージ写真(以前ケアホルムの家具と一緒に撮った写真です)

 

 

 

代表取締役/コンセプト・クリエイター岡村 彩 

デンマーク、コペンハーゲン生まれ、コペンハーゲン商科大学院卒。 
在学中は慶應義塾大学商学研究科、スペイン・コルドバ大学に留学。
卒業後 ayanomimi を設立。

アワード
2009年:コペンハーゲン・起業家「若手起業家賞」を受賞
2011年:「クリィエイティブ 起業家コンペティション」準優勝

"幼い頃から落語好きで、デザインに触れ、「何かを伝える」楽しさを
覚えました。「生活を豊かにするクリエイション」をビジネスにしたいと考えayanomimiを設立しました"

ブランド名の ayanomimi(アヤノミミ)には「ここにしか無いモノ」を
表しています。アンテナを張りグローバルな視点で企画を提案してゆきます。

ayanomimi HP http://www.ayanomimi.com/home.html

 

 

 

 

 

.

コペンハーゲン便り

デンマークでayanomimiを運営する岡村彩さんからお便りをいただきました。

こんにちは。

デンマークは3月28日〜4月1日までイースター・ホリデーです。

イースターが過ぎるといよいよ北欧にも春が来るので待ち遠しいです。

ちなみに日照時間はすでに冬至から6時間も延びています

写真を添付致しますので是非ご覧下さい。

岡村 彩

1.jpg

2.jpg

3.jpg

代表取締役/コンセプト・クリエイター岡村 彩 

デンマーク、コペンハーゲン生まれ、コペンハーゲン商科大学院卒。 
在学中は慶應義塾大学商学研究科、スペイン・コルドバ大学に留学。
卒業後 ayanomimi を設立。

アワード
2009年:コペンハーゲン・起業家「若手起業家賞」を受賞
2011年:「クリィエイティブ 起業家コンペティション」準優勝

"幼い頃から落語好きで、デザインに触れ、「何かを伝える」楽しさを
覚えました。「生活を豊かにするクリエイション」をビジネスにしたいと考えayanomimiを設立しました"

ブランド名の ayanomimi(アヤノミミ)には「ここにしか無いモノ」を
表しています。アンテナを張りグローバルな視点で企画を提案してゆきます。

ayanomimi HP http://www.ayanomimi.com/home.html

.

デンマークで活躍する岡村彩さん(ayanomimi主宰)から「デンマーク便り」をいただきましたので、以下ご紹介いたします。


『子供達の冬のお祭り Fastelavn

デンマークの小学校では毎年冬休みにFastelavnという行事が開催され、
仮装した子供達が集い、歌ったり踊ったりして楽しい一日を過ごします。
女の子の間ではやっぱりお姫様の衣装が大人気!

男の子はスパイダーマン、カーボイ、忍者などが人気のようです。

P1150028.jpeg

P1150062.jpeg

P1150022.jpeg

<メインイベントはお菓子の入った樽を割る競争です。>

P1150078.jpeg

P1150094.jpeg

昔は本物の猫を入れて叩いたという言い伝えから「ネコのタル」と呼ばれています。樽の板/底を最初に少しでも壊した子が「ネコ・クイーン」、最後の板を落とした子が「ネコ・キング」のタイトルがもらえます。

デンマークは2月に入っても氷点下の日が続いています。
とても寒いですが、日照時間は日増しに長くなって来ました。
お天気が良い日は太陽を眩しく感じるようになり、
それだけで気分が明るくなります。

岡村彩

8548540.jpg

代表取締役/コンセプト・クリエイター岡村 彩 

デンマーク、コペンハーゲン生まれ、コペンハーゲン商科大学院卒。 
在学中は慶應義塾大学商学研究科、スペイン・コルドバ大学に留学。
卒業後 ayanomimi を設立。

ayanomimi HP http://www.ayanomimi.com/home.html

.

ayanomimi とフレデリック皇太子

昨日ご紹介したブログの岡村彩さんがデンマーク王国フレデリック皇太子と合われました。コペンハーゲンで開催される企業家コンペ「クリエイティブ・ビジネス・カップ」で、去年のファイナリストの代表としてayanomimiを主宰する岡村彩さんが、授賞式の式典でフレデリック皇太子を席までエスコートしました。(私も彩さんの友人としてですが、とても誇りに思い嬉しくいです。)

フレデリック皇太子は3・11の時いち早く復興支援のため日本に来られたのは記憶に新しいです。

 

 

8198639111_4388e6ffe4_k.jpg

フレデリック皇太子をエスコートする岡村彩さん。

 

IMG_2646.JPG

クリエイティブ・ビジネス・カップのファイナルイベント会場風景。

 

 

IMG_2644.JPG

会場風景その②

 

詳しくはayanomimi HPをご覧ください。

 

 

 

 

 

デンマークのクリスマス前風景

デンマークでayanomimiを運営する岡村彩さんから、クリスマス前のデンマーク風景のお便りをいただきました。「今年は雪が降ってとても寒くなりホワイトクリスマスになりそう」との事・・・。

 

1.jpg

クリスマスツリー屋さんの看板

 

2.jpg

冬のクリスチャンハウン

 

4.jpg

コペンハーゲンでは雪にもめげず自転車で移動が当たり前。

 

6.jpg

和食のテイクアウト店「Don Don」。カタカナはコペンっ子には

どう映っているのでしょうか?

 

5.jpg

美しい飾りつけですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樹脂製品のお手入れ方法

フリッツ・ハンセンの家具は、定期的にお手入れを施すことでより長くご愛用いただけます。適切なお手入れの方法は、お手持ちの家具の種類、素材等により異なります。

●ナイロン、ASA樹脂、ポリプロピレン

樹脂製品のお手入れは、湿らせた布での拭き取りをおすすめします。汚れが落ちにくい場合には、ぬるま湯と少量の中性洗剤を含ませた柔らかな布で拭いてください。水気を含んだ布で拭いた後には、表面に石灰のカスが残るのを防ぐ為にすぐに乾拭きをしてください。エチルアルコールや強い洗剤は使用しないでください。

●アクリル

アクリルは極めてキズがつきやすいため、清潔でやわらかいキズを付けない布でホコリをとるだけのお手入れをおすすめします。汚れにはぬるま湯を、もしくはぬるま湯に少量の中性洗剤を含ませた柔らかな布を使用してください。水気を含んだ布で拭いた後には、表面に石灰のカスが残るのを防ぐ為にすぐに乾拭きをしてください。小さな擦りキズはアクリル磨きにより目立たなくなる場合もあります。エチルアルコールや強い溶剤は使用しないでください。

KS200 8colors.jpg

ICEチェア (ASAプラスチック製)

displayCA2Z9WFK.jpg

RINチェア (シェル部分:ポリプロピレン樹脂)

white.jpg

PK71 ネストテーブル (天板:アクリル)

 

 

 

学べるニュース

昨日放送のTV番組「そうだったのか!池上彰の学べるニュース」で、デンマークの福祉社会について放送がありました。国民の満足度世界一として最近よく雑誌などでも紹介されています。充実した社会福祉など病院や教育について放送されていました。

 

 

 

L1030180.JPG

昨年デンマークで友人の通院に付きあいました。

スポーツ障害専門の病院です。(受付風景)

 

L1030177.JPG

壁にかけられた絵はすべてスポーツを題材にしたアート作品。

 

L1030175.JPG

 

L1030178.JPG

 

L1030172.JPG

待合室

 

L1030170.JPG

待合室では無料のコヒーやお菓子が提供されています。

 

 

 

 

 

あかりのある暮らし(デンマーク)②

弊社で扱う照明メーカー「ルイス・ポールセン」から、デンマークのルイス・ポールセン社の社員宅レポートが送られてきましたのでご紹介いたします。取材したのはルイス・ポールセン(タルジェッティ ポールセンジャパン株式会社)の方です。

 

(KEIZO)

 

5月末から6月にかけて、デンマーク本社スタッフの住宅を取材してまいりました。10件ほど取材しましたが、テーブル・フロアランプが無い家が無いのです。機能的ライトとしてデスクやソファーサイドに置くだけではありません。温もりを感じ、ここちの良いコーナーをつくるために、テーブルランプ・フロアランプを使っていました。( レポート:タルジェッティ ポールセンジャパン T氏 )

 

 

L11.jpg 

 

 

L2.jpg

 

リズベスさんの家: コペンハーゲンから電車で20分。19世紀に建てられたレンガ造り家を改装し、庭の緑に囲まれた平屋に夫婦2人で暮らしています。

写真上: 14畳ほどのリビングに、テーブル・フロア・ウォールランプが実は8台もあります。部屋のコーナーに新作のOJテーブルを置き、奥行きをプラスすると同時に、旅の思い出やアートを飾るコーナーをつくっていました。リズベさんはショールームマネージャーで、照明に関する書籍も出版しているので、その使い方はとても参考になります。訪れる度に家具や照明のレイアウトが変わっていて新鮮です。

写真下: 書斎から庭を眺める。PH4/3テーブル

ヤコブセンの横顔

さまざまな世界に"巨匠"と呼ばれる人がいて、そういう人たちは総じて作品の素晴らしさはさることながら、しばしばその人間性にまで注目される。威厳に満ちた人、多くの尊敬を集める人、奇人変人として孤高の天才と呼ばれる人......など。

 

アルネ・ヤコブセンはどうだろう? 彼が遺した建築や家具、プロダクトの素晴らしさについては、今さら説明する必要もないだろう。対して、彼の人柄については、日本の雑誌などではこれまでどちらかというと、傲慢とか、ケチとか、職人と喧嘩するとか、ネガティブに面白おかしく紹介されることが多かったような気がする。

 

ぼくは実際にヤコブセンと仕事をした経験を持つ人にインタビューしたことがあるのだが、彼らの話を聞いていると、必ずしもそうではない。ぼくが話を聞いた人たちは、ヤコブセンの晩年にともに仕事をしていたので、多くの人間がそうであるように、日本のメディアが伝えたイメージは、ヤコブセンの若かりし頃のことなのだろう。彼らは、「ヤコブセンは所員の意見に耳を傾け、いい部分を引き出そうとしていた」と語っていた。

 

ヤコブセンに関する本を読んだり、彼を知る人の話を聞いたりしていると、彼に対する興味は増すばかり......。決してスマートではないかもしれないけど、きっと人間臭い人だったんじゃないだろうか、と思う。

 

次回は、そんな彼の"やさしい"一面が垣間見られる建築を紹介したい。

 

(KENTARO)

 

 

vol.8(Alberto K).jpg 

 

【北欧ツアー募集中】

1030日出発! アルネ・ヤコブセンの聖地をたどります。

http://www.a-m-u.jp/travel/dl/nordicdesigntour_0801.pdf

915日、事前ツアー説明会、北欧デザイン基礎講座開催決定! 無料。

http://www.a-m-u.jp/event/2011/09/nordictour-seminar.html

 

20115月発売】

『北欧デザインの巨人たち あしあとをたどって。』(ビー・エヌ・エヌ新社)

http://www.bnn.co.jp/books/title_index/design/post_160.html

*ヤコブセン、フリッツ・ハンセンのエピソードが満載です!

萩原健太郎
http://www.flighttodenmark.com/

 

KEIZOのホームページです。 http://www.republicstore-keizo.com/

北欧ツアー開催のお知らせ

今日は、今秋に予定している北欧ツアーについてご紹介させてください。

今年5月に出版されました新著『北欧デザインの巨人たち あしあとをたどって。』にちなんだツアーが今秋開催される運びとなりました。


僕と、北欧家具t.a.l.o.オーナーの山口太郎さんが、北欧をナビゲートさせていただきます。

 

(KENTAROU)



---
開催概要
デザインジャーナリストの萩原健太郎さん、「北欧家具t.a.l.o.」のオーナー山口太郎さんと一緒にデンマークとフィンランドをめぐり、アアルトやヤコブセンといった北欧デザイン界の巨匠のルーツをたどります。巨匠たちが残した有名建築や作品を実際に見て、スタジオやファクトリーで美しいデザインが生産される過程を理解し、数ある家具や雑貨のヴィンテージショップの中から、プロが選んだおすすめの店で自分だけのお気に入りを手に入れましょう。プロのアドバイスのもと、安心してよいお買い物ができます。

ポイント
・北欧デザインに精通する2名がナビゲート
・プロが選んだおすすめの店で安心ショッピング
・北欧ヴィンテージ家具や雑貨の目利きが学べる
・個人旅行ではなかなか行けない穴場スポットへも
・スタジオやファクトリーの見学で、北欧デザインの製造過程もしっかりチェック

募集要項
・旅行期間:20111030日(日)~2011116日(日)
・旅行代金:大人ひとり398,000円~(21室利用時、燃料サーチャージ・空港税等別)
・募集人数:15

・申し込み締め切り予定日:2011930日(金)
・利用予定航空会社:フィンエアー、スカンジナビア航空

詳細はこちらから。

---
9
月初旬には、ツアー説明会&北欧デザイン基礎講座も行います。こちらは無料ですので、お気軽にお越しください。


北欧デザインに興味をお持ちのお友達などにもおすすめしていただけると、嬉しいです!


それでは、よろしくお願いいたします。

 

 

vol.7(GS).JPG

 

20115月発売】

『北欧デザインの巨人たち あしあとをたどって。』(ビー・エヌ・エヌ新社)

http://www.bnn.co.jp/books/title_index/design/post_160.html

*ヤコブセン、フリッツ・ハンセンのエピソードが満載です!

萩原健太郎
http://www.flighttodenmark.com/

 

KEIZOのホームページです。 http://www.republicstore-keizo.com/

キッズ・セブン

前回はルイジアナ美術館について書いたが、名作椅子が使われているのは、何もカフェなどの大人のための空間に限らない。子どものためのワークショップルームにも、キッズ用のセブンチェアなどが使われている。色とりどりのセブンに座り、子どもたちは夢中に絵を描き、それを微笑ましく眺める親たち。ときには、おじいちゃん、おばあちゃんに子守りを任せて、恋人同士のように腕を組み、アート鑑賞を楽しむパパ・ママも......。美術館は、大人だけが楽しむのではなく、家族みんなで楽しめる場所なのだということを教えてくれる。幼い頃から、アートやデザインに自然と親しめる環境にいるデンマークの子どもたちをうらやましく感じ、だからこそ、国民全体のデザインに対する感度が高く、普段の暮らしのいたるところにグッドデザインがあるのだろう、と感じた。

 

(KENTAROU)

 

 

 

20115月発売】

『北欧デザインの巨人たち あしあとをたどって。』(ビー・エヌ・エヌ新社)

http://www.bnn.co.jp/books/title_index/design/post_160.html

*ヤコブセン、フリッツ・ハンセンのエピソードが満載です!

萩原健太郎
http://www.flighttodenmark.com/

 

㈱KEIZO のホームページです。 http://www.republicstore-keizo.com/

ルイジアナ美術館

ぼくが留学していた学校は、コペンハーゲンから北へ40kmほどのところにあるHelsingørという港町にあった。ハムレットの舞台として有名な世界遺産「クロンボー城」があることでも知られている。母国で映画監督をしているというブラジル人に声を掛けられ、クロンボー城を舞台にした映画に出演させられたのは、今となってはいい思い出だ......。でも、ぼくにとってもっと思い出に残っている場所が他にある。それが、学校から自転車で行ける距離にある「ルイジアナ美術館」。ちなみに、ぼくの1冊目の本『北欧デザインをめぐる旅』の中で、"世界で一番好きな美術館"と公言している場所だ。留学していた1年間に5回ほど訪れたが、たしか最初に訪れたときのエキシビションが、「ヨン・ウッツォン」だったのを覚えている。ヨン・ウッツォンについて簡単に説明すると、シドニーの「オペラハウス」やデンマークの「バウスヴェア教会」などの設計で知られる建築家で、デンマークではアルネ・ヤコブセンと並び称される存在。あのヤコブセンが、ウッツォンのクリエイティブな才能に嫉妬したという話も......。話は逸れたが、ぼくがここを好きな理由は、エキシビションやコレクションだけが理由ではない。海のそばで緑にあふれるという唯一無二のロケーション、そしてカフェなどで使用されている名作椅子もまた、大きなポイントだ。カフェでは、アルネ・ヤコブセンの「セブンチェア」と、キャスパー・サルトの「アイスチェア」というフリッツ・ハンセンの新旧の名作が共演を果たしている。

 

(KENTAROU)

 

 


vol.5(Louisiana).JPG

 

DSC00804.JPG 

 
20115月発売】

『北欧デザインの巨人たち あしあとをたどって。』(ビー・エヌ・エヌ新社)

http://www.bnn.co.jp/books/title_index/design/post_160.html

*ヤコブセン、フリッツ・ハンセンのエピソードが満載です!

萩原健太郎
http://www.flighttodenmark.com/

 

 

㈱KEIZO のホームページです。 http://www.republicstore-keizo.com/

ぼくがデンマークへ渡った理由

ぼくは2004年夏から1年間、デンマークに暮らした。それまで勤めていた会社は、北欧に限らず、ドイツやイタリアなど割と幅広く扱っていたのだけれども、当時セールスを担当していたぼくがお客様に薦めるのはたいてい北欧の家具だった。その中でも多かったのが、ヤコブセンの家具。セブンチェアやアントチェアを何度薦めたことだろう......。でも、ふと気づく。ぼくはお客様に熱っぽく語っているけれども、実はそれらが生まれた国のことをよく知らない。そう思うと、居ても立ってもいられなくなり、会社を辞めてデンマークへ渡ることに決めた。30を過ぎていたし、結婚もしていたし、貯金もわずかだし、言葉もできなかったけど、案外楽天的だった。飛行機は「SAS」と行きたかったけど、少しでも節約するために、「シンガポール航空」にした。2004811日、ぼくのFLIGHT TO DENMARKが始まった。
 
(KENTARO)
 
写真は、トランジットで立ち寄ったシンガポール・チャンギ国際空港で見かけたアントチェア。アントチェアが世界的な椅子ということに改めて気づいた瞬間だった。うれしかった。
 
 
20115月発売】

『北欧デザインの巨人たち あしあとをたどって。』(ビー・エヌ・エヌ新社)

http://www.bnn.co.jp/books/title_index/design/post_160.html

*ヤコブセン、フリッツ・ハンセンのエピソードが満載です!

萩原健太郎
http://www.flighttodenmark.com/

 

 

 

㈱KEIZO のホームページです。 http://www.republicstore-keizo.com/