歴史と伝統の町、銀座のご紹介 -奥野ビル 歴史的建造物-

更新)Posted in Blog

銀座一丁目に店舗をオープン致しまして、早約2か月程経ちます。上質なデンマークの家具と様々なアート、調度品をコーディネートし、より落ち着いた上質な空間づくりを日々心がけております。銀座にお立ち寄りの際は、是非ご来店頂き、ご堪能を頂けますと幸いでございます。   今回のブログでは、歴史と伝統がある銀座を、より楽しんでいただけるようなスポットをご紹介させていただきます。   &nbs…more

鬼才 ポール・ケアホルムの生み出した名作

更新)Posted in Blog

  東京はここ数日でいよいよ湿度も上がってまいりまして、少し動くと汗ばむ陽気となってまいりました。気温も上がってまいりましたので、皆様体調など崩されぬよう、どうぞくれぐれもお気を付けくださいませ。   さて、今回のブログでは、当店にて展示しております“PK22”というラウンジチェアについてお話をしたいと思います。   北欧家具はどのような家具? 皆様は北欧家具と聞いて…more

駐日デンマーク大使 にご来店頂きました。

更新)Posted in Blog

6月初め、駐日デンマーク大使 “フレディ・スヴェイネ”氏が、DANSK MOBEL GALLERY(ダンスク ムーベル ギャラリー)にご来店くださいました。   フレディ・スヴェイネ大使は非常に珍しい2回目の大使就任との事で日本文化についてもよくご存知でいらっしゃいます。当店にて、デンマークデザインと和の調和を感じていただけたご様子で、「とても上品な空間だ。」とお褒めのお言葉を頂戴いたし…more

展示の入れ替えを致しました

更新)Posted in Blog

これからの夏の季節に向け、先日展示レイアウトを変更させていただきましたので、ご紹介させていただきます。     ポール・ケアホルムのソファ”PK31”は、爽やかさを感じる、上品なベージュ色のラスティックレザーに、”PK22”は、風通しも良く、身体へのあたりも爽やかな、籐素材に。 ボーエ・モーエンセンのソファ”2213”とは、ハンス・J・ウェグナーの”ベアチェア”とアルネ・ヤコブ…more

イベントを開催いたしました ”EGG™ SEWING EVENT-彫刻としてのエッグチェア -”

更新)Posted in Blog

先日6月4日(土)、当店DANSK MOBEL GALLERYにて、イベント”EGG™ SEWING EVENT-彫刻としてのエッグチェア -を開催いたしました。         当日は、フリッツ・ハンセン社の革張り職人、Hans Mannerhagenがデンマークから来日。ご来場者様の目の前で、EGGチェアを完成させました。     &…more

House of Tobias Jacobsenに行ってまいりました

更新)Posted in Blog

先週、大阪府 池田市にあります当社が運営するショップ ”HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN”に行ってまいりました。     こちらは、Fritz HansenのセブンチェアやEGGチェアをデザインした”アルネ・ヤコブセン”のお孫さん、【 トビアス・ヤコブセン】がプロデュースをするライフスタイルショップです。 元々洋裁学校だった建物を改装をし誕生。そんな建物に、自然…more

有田焼400周年

更新)Posted in Blog

    現在、DANSK MOBEL GALLERYでは、昨年2015年9月に開催されたインテリア・デザインの国際見本市”メゾン・エ・オブジェ”にて出展された、有田焼とクリエイティブディレクターの佐藤可士和氏とのコラボレーションで生まれた大皿を展示致しております。金の箔と鮮やかかつ大変上品な美しい青による、迫力もありながらも、静けさときらびやかさを感じさせる、とても素晴らしい作…more