あかりを灯す ~アーティチョークのあかり~

[更新日] [公開日] Posted in Blog

 

以前にもお話させていただきました「あかりを灯す」ことについて(あかりを灯す~キャンドル~)。今回も引き続き、あかりをテーマにお話をさせていただこうと思います。

 

緯度の高い北欧諸国では、厳しく長い冬と短い日照のため、屋内で過ごす時間を大切にするといわれます。照明もそうした環境の影響を受け、いかに室内のあかりが心地よいものとなるかを考えられているように思います。

 

灯火2・ブログ用 - 02

 

上の写真に写っているペンダントライトは、ルイス・ポールセン社より製造されているアーティチョーク(デザイナーはポール・ヘニングセン/Poul Henningsen)。ダンスクムーベルギャラリーのアイコンともいえる存在です。朝の光、午後の光、そして夕闇が迫り、すっかり夜となるまで、様々な表情を見せてくれます。その時刻の変化のなかで見せる光は、見ていて飽きるということがありません。

 

 

IMGP8389

 

IMGP6162

 

IMGP6240

 

料理研究家の行正り香さんも、初めてデンマークに行った際に衝撃を受けたのはアーティチョークをはじめとするあかりの使い方だった、とお話されています(インタビューブログ 料理研究家・行正り香さん)。

アーティチョークがこのような心地よいあかりを生み出しているのは、アーティチョークを構成する72枚すべてのシェードに光源の光が正確にあたるように熟慮されたデザインです。光を外側に放つと同時に、自らも反射光で輝くように、シェードの大きさ、その設置角度、光源の設置位置などが厳密に設計されています。

 

IMGP5170

 

また、いかなる角度からも光源が直接目に入ることはありません。真下からこの器具を見上げても、です。

 

3

 

眩しさを感じることがない(不快なグレアがない)ということ。これは、他のルイスポールセンの照明にも共通する特徴といえるでしょう。次回の本シリーズでは、その他のルイスポールセンの照明について、お話しようと思います。

 

 

 

 

 

 

DANSK MØBEL GALLERY(ダンスク ムーベル ギャラリー)

〒104-0061 東京都中央区銀座1-9-6 松岡第二銀緑館2F
TEL 03-6263-0675
FAX 03-6263-0676
MAIL d-info@republicstore-keizo.com
OPEN 12:00-19:00
定休日 毎週水曜日
Facebook https://www.facebook.com/danskmobelgallery/
Instagram https://www.instagram.com/danskmobelgallery/

 

▽株式会社KEIZOグループ店舗一覧
REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKA
DANSK MØBEL GALLERY
HOUSE OF TOBIAS JACOBSE