良いものを長く使う ーデンマークのオークション会場よりー

[更新日] [公開日] Posted in Blog

 

今回のブログでは、私が以前にデンマークに行った際に訪問をしたオークション会場についてお話しようと思います。

 

デンマークには、家具やインテリアエレメンツを扱うオークション会社があります。特にヴィンテージの希少な作品は人気も高く、高値で取引をされることもしばしば。特にここ数年はアメリカ・中国から投資目的でオークションに参加する方が大変増えているとのことでした。2015年、私がデンマークに行きました際に、そのようなオークションが開催される会場に行ってまいりました。

 

私がうかがった時はちょうど大きなオークションが開催される直前の「下見期間」。数多くのヴィンテージ家具が綺麗にレイアウトされていました。

 

 

DSC02196
こちらは1階部分。天井が高く重厚感がありながらも上品な空間となっておりました。私が訪問した時はちょうどポール・ケアホルムの作品が数多く出品されていました。手前の正方形のベンチは“PK81”。

 

DSC02192
こちらは2階部分。ルイスポールセンより販売されているペンダントライト“アーティチョーク”のモデルとなった“Septima(セプティマ)”もありました(画像左のペンダントライト)。

 

DSC02173
ダイニングシーンのセッティング。奥に見えますエッグは1960年前後のものです。

 

DSC02169
かなり初期のころのエッグチェアです。当時のエッグチェアには、シートクッションがついておりませんでした。また、脚部の構造も現在とは若干異なります。

 

DSC02149
ポール・ケアホルムによるPK9。

 

DSC02135
こちらはアルネ・ヤコブセンがデザインをしたチェストです。キューバンマホガニーを用いており、ルド・ラスムッセン工房より製造されたようです。

 

DSC02122
アルネ・ヤコブセンがSASロイヤルホテルのためにデザインをしたドロップチェア。こちらは当時SASロイヤルホテルにて使用されていたものです。

 

DSC02106
デンマークの陶芸家であるアクセル・サルトの作品。大変根強い人気のある陶芸家です。

 

DSC02099
こちらはポール・ケアホルムがデザインをしたプロトタイプの作品。1952年にフリッツ・ハンセン社より製造されました。

 

良いものを長く使う。こちらのオークション会場で、まさにその考えを体感致しました。

 

DANSK MØBEL GALLERY(ダンスク ムーベル ギャラリー)
〒104-0061 東京都中央区銀座1-9-6 松岡第二銀緑館2F
TEL 03-6263-0675
FAX 03-6263-0676
MAIL d-info@republicstore-keizo.com
OPEN 12:00-19:00
定休日 毎週水曜日
Facebook https://www.facebook.com/danskmobelgallery/
Instagram https://www.instagram.com/danskmobelgallery/

 

▽株式会社KEIZOグループ店舗一覧
REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKA
DANSK MØBEL GALLERY
HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN