素材の選び方 / – 木材 –

更新)Posted in Blog

  当店ダンスク ムーベル ギャラリーでお取り扱いしておりますアイテムの多くは受注生産品となっており、様々な仕様の中からお客様のお好みに合うものをご選定頂けます。このように、スーツや靴のような「ビスポーク」「特注品」とも似通った「選ぶ楽しみ」も受注生産品の楽しみの一つかと思います。   先日のブログ、「素材の選び方 / – leather –」ではレザーについて簡単にご紹介させ…more

ハンス・J・ウェグナー 「自邸のためのダイニングチェア “PP701”」

更新)Posted in Blog

      生涯に500脚以上の椅子をデザインしたと言われるデンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナー。そのウェグナーが自邸のためにデザインをしたダイニングチェア、“PP701”のお話を今回はさせていただきたいと思います。     <1965年デザイン PP701> PP701は、ウェグナーが自邸のためにデザインをした作品です。所説あり…more

納品事例  ”2213ソファ・ PP701ミニマルチェア”

更新)Posted in Blog

  先日、ボーエ・モーエンセンによる “2213ソファ”とハンス・J・ウェグナーによる”PP701 ミニマルチェア”を納品させていただきましたのでご紹介致します。2213ソファとPP701チェアが、お部屋の設え、色合いに非常にマッチし、シンプルながらもモダンな印象を演出する、素晴らしい空間となりました。     &nbs…more

ベアチェア レザー張りモデル、展示いたしております。

Posted in Blog

  デンマークを代表する家具ブランド “PP mobler”。原木の木取りから、加工・下作業、張りぐるみまで、職人一人一人の手で、家具製造の全工程を自社内で一貫して行っています。それぞれの職人の手作業が”想い”となり、最上級の逸品を誕生させています。(このPP moblerと【ハンス・J・ウェグナー】の”協働”につい…more

フラッグハリヤードチェア 純粋な素材との融合

更新)Posted in Blog, 未分類

ハンス・J・ウェグナーによるラウンジチェア PP225 “通称フラッグハリヤードチェア”。1950年にデザインされたこのチェアは、横幅1040mmと大ぶりですが、高さはわずか800mm。景観を邪魔をしないデザインです(詳しくは、こちらのブログもご参照ください)。     麻紐の弾力感でウェグナーが座り心地を追求し、実現したこのチェアには、座り心地をより良くする ”シープスキン”…more

ベアチェア ゴールデンウィークまで展示しております。

更新)Posted in Blog

  先日の展示入替にて、ハンス・J・ウェグナーによるデザイン、PP19=通称“ベアチェア”を展示いたしました。         数ある北欧家具の中でも抜群の座り心地を誇るラウンジチェアであり、デンマークでは「いつかベアチェアを、、、」という想いをお持ちの方も多いようです(こちらのインタビューブログでも、Kvadrat社のフレデリック・ムラーさんがベ…more

【PP225】フラッグハリヤード ー 休息のための椅子 ー

更新)Posted in Blog

  PP225、通称“フラッグハリヤード”は、ハンス・J・ウェグナーが休暇中の浜辺でそのフォルムの着想を得たことで知られています(詳細につきましてはこちらのブログをご覧くださいませ)。デザインされたのは1950年。ウェグナーによりデザインされた他のどの椅子にも似ていないこの作品を、ウェグナーらしくないデザインだと長いあいだ思っていました。       &nb…more

協働から生まれるかたち ~ 2. PP moblerの品質を支えるもの ~

更新)Posted in Blog

  以前、PP mobler社とハンス・J・ウェグナーの協働のカタチをブログにてお伝えさせていただきましたが(協働から生まれるかたち~ 1. PP moblerとハンス・J・ウェグナー ~)、今回は引き続きベアチェアと、それを製造しているPP mobler社についてお伝えしたいと思います。 ハンス・J・ウェグナーがデザインをしたPP19、通称ベアチェア。このベアチェアの肘掛の先端は「ネイ…more

協働から生まれるかたち ~ 1. PP moblerとハンス・J・ウェグナー ~

更新)Posted in Blog

  本年8月上旬、ダンスクムーベルギャラリーに5台の「ベアチェア」が並びました。まるで手足を伸ばしたクマの様なかたちの愛らしさ、そしてそのバリエーションの豊かさと職人の技術の見事さを感じさせる姿です。この展示にあわせて、トークイベントも開催いたしました。お話しをしてくださったスカンジナビアンリビングの羽柴健さんは、ベアチェアの魅力を存分に語ってくださいました。参加していただいた皆様も、思…more

椅子の中の椅子 “ザ・チェア”

更新)Posted in Blog

  先日のブログではデンマーク人デザイナーであるハンス・J・ウェグナーについてお話しをさせていただきました。ウェグナーシリーズが続きますが、今回のブログでは現在当店に展示中の“PP503”、通称「ザ・チェア」についてお話しさせていただきます。         「ザ・チェア」は、ウェグナーの代表作ともいえる椅子。腰痛もちであった故ケネディ元アメリカ大…more