ポール・ケアホルムのテーブル “PK40”

[公開日] Posted in Blog

 

先日より店舗にて展示を開始しましたポール・ケアホルムのテーブル“PK40”。フリッツ・ハンセン社にて現在も製造されています。本日はこちらの商品につきご紹介させていただきます。

 

 

 

 

“PK40”がデザインされたのは1980年。同年にケアホルムは亡くなっておりますので、最晩年の作品です。その特徴としてまず挙げられるのが140×140cmの正方形というサイズです。かなり大ぶりなサイズで、対角線上の長さは約200cm。当初ケアホルムはこちらのテーブルを合計8人が座ること出来る会議用のテーブルとしてデザインしたようです。

 

 

現在、店舗ではダイニングチェア“PK9”を4脚合わせています。

 

 

4脚をゆったりと合わせるレイアウトもとても綺麗です。また、サイズはかなり大きいですが、他のポール・ケアホルムの作品同様スッキリとシャープなデザインをしており、見ていて潔いとも言える印象を受けます。

 

 

横からのシルエット。余計なパーツが一切なく、大変スッキリとしています。

 

 

スッと真っすぐにのびる天板。

 

 

角の処理も美しいです。

 

 

もう一つの大きな特徴は、レザーを巻いた天板であるということ。フリッツ・ハンセンにて現在も製造されており、天板のレザーは色々なお色味からお選びいただけます。

 

 

こちらはワインレッドのPK40。

 

 

天板の裏の処理や、パイピングのディテールも大変綺麗で、ケアホルムらしさを感じさせます。

 

 

天板の裏側。シンプルですがパイピングや収めの処理も丁寧です。

 

 

天板は4枚のレザーを張り合わせて作られています。

 

 

天板中央部分のパイピング。

 

 

また、脚部には抜け感を出すため、脚と脚の間に僅かな隙間を設けています。

 

 

他のケアホルムの家具同様、部材同士の接合に関し浮遊感をもたせています。

 

 

風格と品も感じさせるテーブルですが、それでいて奥ゆかしい印象を持っています。

ほとんど日本ではご覧いただく機会のない珍しいテーブルですので、是非とも御覧いただければ幸いでございます。

 

 

※商品情報につきましては、以下のページをご覧くださいませ※

PK40

 

 

 

DANSK MØBEL GALLERY(ダンスク ムーベル ギャラリー)

〒104-0061 東京都中央区銀座1-9-6 松岡第二銀緑館2F
TEL 03-6263-0675
FAX 03-6263-0676
MAIL d-info@republicstore-keizo.com
OPEN 12:00-19:00
定休日 毎週水曜日
Facebook https://www.facebook.com/danskmobelgallery/
Instagram https://www.instagram.com/danskmobelgallery/