従者の椅子 “バレットチェア”

[更新日] [公開日] Posted in Blog

 

こちらの画像の作品、一見するととてもユニークで特徴的な形をしています。こちらは、デンマークを代表するデザイナーであるハンス・J・ウェグナーが1953年にデザインをしたPP250、通称“バレットチェア”という作品です。今回は、こちらの作品にまつわるストーリーなどをお伝えしたいと思います。

 

<従者の椅子 “バレットチェア”>

商品名“PP250”、通称“バレットチェア”。この独特な形には、理由があります。独特なフォルムをした背もたれはハンガーとして使用でき、ジャケットをかけることができます。座面は立ち上げることができるようになっており、立ち上げた座面部分にスラックスをかけることができます。また、座面下には収納スペースがあるため、腕時計やアクセサリー、鍵など、身に着けていた小物が収納できます。

 

pp250_back_300dpi

 

pp250_open_300dpi

 

pp250_clothes_300dpi

 

このように、こちらのチェアが1脚あるだけで「身の回りものもが全て片付いてしまう」ため、バレットチェア=従者の椅子、と呼ばれたり、バチェラーズチェア=独身者の椅子、などと呼ばれています。確かに、疲れて家に帰ってきたときなど、この作品が1脚あるだけでとても便利だろうとな、と私も思います。

 

 

<バレットチェア 誕生のきっかけ>

元々こちらのバレットチェア、1943年に4本脚のモデルがデザインされました。建築学の教授やデザイナーと、「就寝時の衣服をいかに効率的に整頓するか」につき長期にわたる話し合いを行い、その結果、ウェグナーはこの作品を生み出したのです。

もともと4本脚だったバレットチェアですが、ウェグナーはそのデザインに納得せず、3本脚にすることで重い印象を払拭しました。3本脚のモデルは1953年の「キャビネットメーカーズギルド展」という展覧会に出品され、その場でデンマーク国王が自身のために1脚、さらに友人へのプレゼント用に5脚を予約したそうです。

機能を損なうことなく美しい佇まいをみせるのは、さすがウェグナーと言えます。

 

250_interieur

 

 

<木材に対するウェグナーの想い>

1953年の発表当時、ウェグナーは「背もたれ:パイン材、座面:チーク材」にてオリジナルを製作しました。当時、パイン材は安価な材料として用いられており、高級な家具には用いられることはなく、いわば「安物の木材」と認識されていました。一方、チークは高級な材料として扱われており、どのデザイナーからもチークはとても良い、素晴らしい木材と認識されていました。

ただ、ウェグナーはそのような当時の風潮に異論を持っていました。木材には上下関係も優劣もなく、適材適所使い分ければ各々の木材の良いところが発揮できる、と考えていたのです。その想いを込めて、「一番安価な木材」と「一番高価な木材」を同じ椅子に使ったのが、こちらのバレットチェアです。発表した当時は「パインとチークを同じ椅子に使うなんて考えられない」という反応も多かったようですが、ウェグナーは意に介さなかったようです。このように、こちらのバレットチェア、とてもメッセージ性のある作品なのです。

 

 

<製造の難易度>

バレットチェアは製造に高度な技術が要求される作品でもあります。聞いた話によりますと、以前、PPモブラーの工場に大量にバレットチェアのパーツが置いてあったことがあったそうです。なぜこんなに大量にバレットチェアのパーツが置いてあるのか聞いてみたところ、「バレットチェアは作るのにとても技術が必要で、この椅子を作ることができれば大体の椅子は作ることができる。だからバレットチェアのパーツ製作を通じて技術を磨いている」という答えだったそうです。形は独特な細い曲線が特徴ですが、座ってみると体に優しくフィットしてくれる作品で、デザイン性だけでなく機能性も備えています。

 

pp250_saede_1_300dpi

 

berner_pp250_1_300dpi

 

250_300

 

joinery

 

 

<当店展示中のバレットチェア>

現在当店にて展示しておりますバレットチェアは、ウェグナーがオリジナルにて製作をしたものと同じ「背もたれ:パイン材、座面:チーク材」の仕様でございます。バレットチェアはとてもユニークな形をしていますが、そのフォルムや素材には、ウェグナーらしい発想とストーリーが秘められています。とてもデンマークらしい、まさに機能美から生み出された一脚となっております。

 

imgp6946

 

imgp6932

 

 

【PP250 バレットチェア】

サイズ :幅51cm / 奥行50cm /高さ95cm/座面の高さ45cm

価格  :1,162,000円~(税抜)

(※こちらの商品ページも合わせてご覧ください)

 

 

<開催概要>
企画展『クラフトマンシップの真髄』
2016年11月25日(金)〜12月28日(水) 12:00-19:00(水曜日定休)
場所:DANSK MOBEL GALLERY (ダンスク ムーベル ギャラリー)

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座1-9-6 松岡第二銀緑館2F
電話:03-6263-0675



【インテリアコーディネート】

※当店ダンスク ムーベル ギャラリーではインテリアコーディネートも行っております。

詳細はこちらのページよりご覧くださいませ。

 

 

 

▽株式会社KEIZOグループ店舗一覧
REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKA
DANSK MØBEL GALLERY
HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN