エッグチェア -ヤコブセンの挑戦- - フリッツ・ハンセン 正規代理店 / REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE BLOG

エッグチェア -ヤコブセンの挑戦-





その名の通りたまご型の有機的なライン。


座ると包み込まれるような安心感にうっとりと目を閉じてしまいます。



2151_Egg - Leather_ walnut.jpg

エッグチェア(1958)



エッグチェアは、アルネ・ヤコブセンが設計したSAS ロイヤルホテルのロビーやレセプションエリアのためにデザインされました。


DSC01234-thumb-autox480-12504.jpg

SAS ロイヤルホテル(現:ラディソンコレクションロイヤルホテル)



カーテンウォールで構成されたこの四角い箱は、コペンハーゲンで最初の高層ビルでした。


窓枠を極限まで細くしたガラスの外壁に移り込んだのは

空の色、雲の風景。


ヤコブセンはこの高層ビルが空と一体になる事を想定していたのでした。


この時、何よりも話題になったのは、ヤコブセンによってトータルデザインされたデザイナーズホテルであったこと。


その内装は無機質な外観に相対するかのように、

美しい曲線で構成されています。


14113_Reference - Radisson Collection Royal Hotel.jpg


2018年に実際に見てきましたのでご興味がありましたらご覧ください。

BLOG デンマーク研修報告2018② ~SASロイヤルホテル~

BLOG デンマーク研修報告2018③ ~606アルネヤコブセンスイート~



このプロジェクトでヤコブセンは、内装の他、照明、食器やカトラリーのデザインまでも手掛けました。


そしてこの時にデザインされたのが『エッグチェア』『スワンチェア』などの新素材を使用したチェアです。


6525_Swan and Egg.jpg

スワンチェア(左)とエッグチェア(右)


6322_Egg.jpg

360度、どの角度から見ても美しく、愛らしいチェアです。



木製の重厚な家具が主流だった時代。


硬質発泡ウレタンを使用して生み出されたこのチェアの美しい曲線は、

ヤコブセンが別荘のガレージにこもり、まるで彫刻家のように石膏を削って作り上げたそうです。


1958年パリの博覧会でこれらの新素材のチェアを発表したとき、

ヤコブセンはスワンチェアのベースを掴んで片手で高々と持ち上げて見せ、その軽さを表現したという逸話があります。


プロモーション力もすごかったんですね。



エッグチェアの魅力は、デザインや素材だけではありません。

この丸い形を包み込むようにレザーを張り、縫製する技術。


水で湿らせ、柔らかくしたレザーを縫い上げるという職人技。

その縫製は手作業で行われ、ステッチの数は1000針と決められています。


伝説の縫製職人、ハンスさんの神業をご覧ください。




SASロイヤルホテルを完成させたヤコブセンは、

コペンハーゲンの景色を変えました。


そしてエッグチェア以降、ウレタンフォームは新しい素材として注目を集め、デザインの歴史は変化を始めます。



しかし、革新的だったヤコブセンのチャレンジには批判的な意見も多かったと言います。



1906_Egg - Leather_ black.jpg


エッグチェアは2018年に60周年を迎えました。

これほどの長い間、エッグチェアの魅力は色褪せることなく、

現在もモダンデザインを代表する名作と称されています。



もしかしたら今やっと、

ヤコブセンの感性に我々が追いついたのではないか、と

時々思うのです。










.

▽株式会社KEIZOグループ店舗一覧

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKA

DANSK MØBEL GALLERY

HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN