リーガロイヤルホテル⑥ ユニフォーム一新 - フリッツ・ハンセン 正規代理店 / REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE BLOG

リーガロイヤルホテル⑥ ユニフォーム一新



リーガロイヤルホテルは、2020年1月16日(木)に創業85周年を迎えるにあたり、宿泊部のユニフォームを一新しました。


デザインは、ファッションブランド「White Mountaineering」のデザインやハンティングワールドのディレクターとして、パリコレなどで世界的に活躍する相澤陽介氏が担当。


新たなユニフォームへの変更は、ディレクターは30年ぶり、ベルボーイ・ベルガールは12年ぶり、フロントスタッフは6年ぶりです。



20190922_095352.jpg

(左から)ディレクター、ベルボーイ、ベルガール、フロントスタッフ イメージ



新ユニフォームは、昨年6月に改装したメインロビーの空間と親和性を持たせたデザインで、宿泊部のディレクター、ベルボーイ、ベルガール、フロントスタッフが着用します。


【フロントスタッフ】

d16682-719-978052-3.jpg


【ディレクター】

(管理職・コンシェルジュ・アシスタントマネジャー)d16682-719-936865-1.jpg


【ベルボーイ・ベルガール】

d16682-719-644838-4.jpg


男性のネクタイには、メインロビーの柱にある金蒔絵の鳥模様をパターンに取り入れ、格式ある上品さを表現。


フロントスタッフは、多くのお客様が行きかうメインロビーで、一目でホテルスタッフとして認識いただけるよう、視認性に優れたカラーリング・デザインに。

コーポレートカラーの "ロイヤルグリーン" をアクセントに、ベースカラーの紺色との配色が目を引きます。


また、J1北海道コンサドーレ札幌のクリエイティブディレクターとして、プロスポーツウエアのデザインも手掛ける相澤氏は、この度、自身初となるホテルユニフォームのデザインにも、ファッション性に加え、機能性を重視したテキスタイルを採用。


軽さ・伸縮性・通気性を高めた素材に、働くシチュエーションに合わせたデザインで作業効率の向上を図りました。



全アイテムにデザイン性を取り入れた新ユニフォームを着用することで、スタッフ一人ひとりが、お客様に最高のサービスを提供するプロフェッショナルとしての自覚と誇り、責任を再認識し、「NEW RIHGA NEW HOTEL」のキーメッセージのもと、心をひとつに、さらに愛されるリーガロイヤルホテルを目指します。




<デザイナー プロフィール>

d16682-719-114195-5.jpg


相澤 陽介

1977年生まれ。多摩美術大学を卒業後、2006年に「White Mountaineering」(ホワイトマウンテニアリング)をスタート。

これまでに、モンクレールやバートン、アディダス オリジナルスなど、さまざまなブランドとのコラボレーションを展開する。

現在では、ハンティングワールド、北海道コンサドーレ札幌などのクリエイティブディレクターを務めるほか、多摩美術大学の客員教授としても活動。




リーガロイヤルホテルについて

d16682-719-574439-7.jpg

1階 メインロビー


リーガロイヤルホテルは、大阪政財界による「賓客のための近代的ホテルを大阪に」という声のもと、"大阪の迎賓館" として1935年に創業。

2020年1月16日に85周年を迎えました。

2019年6月には、1階メインロビーを彩る大緞通「万葉の錦」を現代的にリデザイン。

1973年の新館(現タワーウイング)開業当時の紅葉模様をアレンジした緞通のほか、照明、サインなど、「伝統と革新」をテーマに生まれ変わりました。







Special thanks;

テキスト引用及び画像提供

リーガロイヤルホテル(大阪)公式ホームページ

https://www.rihga.co.jp/osaka



過去のブログはこちらから

大阪の迎賓館 リーガロイヤルホテル①

リーガロイヤルホテル② ~たからさがし~ リーチバー

リーガロイヤルホテル③ ~たからさがし~ 燕子花

リーガロイヤルホテル④ ~たからさがし~ ラ・ロンド

リーガロイヤルホテル⑤ ~たからさがし~ 続深海曼荼羅









.

▽株式会社KEIZOグループ店舗一覧

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKA

DANSK MØBEL GALLERY

HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN