【2021年2月】展示のご案内

更新)Posted in Blog

  先日、当店ダンスクムーベルギャラリーでは展示の入れ替えを行いました。そこで、本日のブログでは現在の展示状況につきご案内させて頂きます。     【ポール・ケアホルムのリビングシーン】 以前より展示しておりました、フリッツ・ハンセンにて製造されているポール・ケアホルムの家具をレイアウトしたリビングシーン。絵画はオランダのアーティスト”ヘールト・ファン・フ…more

【納品事例】東京・個人邸

更新)Posted in Blog

  このたびのブログでは、先日納品しました事例を簡単にご紹介させていただきます。 東京タワーの見える眺望が素敵な都心の高層マンションに、エッグチェア・PK22・PHアーティチョークなどご提案・納品させていただきました。         普段は大阪にお住いのお客様。東京に来られた際に泊まられるセカウンドハウスのようなお部屋です。   &nb…more

Lily Chair 50周年アニバーサリープロジェクト

更新)Posted in Blog

  当店の商品には普遍的なデザインが多く、家具といういわゆる製品ではありますが、どこかしらアート性を感じさせるものも大変多いです。このたび、家具をモチーフにデザインとアートの領域を行き来する、【 Movement in Silence 】と題されたエキシビジョンが開催されました。本日はそちらをご紹介させていただきたいと思います。         こ…more

ポール・ケアホルムのテーブル “PK40”

更新)Posted in Blog

  先日より店舗にて展示を開始しましたポール・ケアホルムのテーブル“PK40”。フリッツ・ハンセン社にて現在も製造されています。本日はこちらの商品につきご紹介させていただきます。         “PK40”がデザインされたのは1980年。同年にケアホルムは亡くなっておりますので、最晩年の作品です。その特徴としてまず挙げられるのが140×140cm…more

展示入替を行いました。

更新)Posted in Blog

  当店では先日、展示入替を行いました。本日のblogでは、現在(2020年7月4日)の展示状況につき画像にてご案内させていただきます。   【ポール・ケアホルムのリビングシーン】 店舗中央には、フリッツ・ハンセンにて製造されているポール・ケアホルムの家具をレイアウトしております。先日まで一時的にデイベッド“PK80”を引き下げておりましたが、再度展示を開始しました。この低さが…more

ポール・ケアホルム 幻の名作 “PK12”

更新)Posted in Blog

  当店ダンスク ムーベル ギャラリーにて取り扱いを始めましたポール・ケアホルムの幻の3作品。先日より店舗にて展示しております。 本日はその中から、ダイニングチェア“PK12”につき画像を交えご紹介したいと思います。少し専門的な込み入った内容もありますが、どうぞお付き合いいただければ幸いです。         デンマークデザインの黄金期でもある19…more

構造の美しさ - センターテーブル “PK61” -

更新)Posted in Blog

  リビングシーンにおいて置かれている家具を繋ぎ、空間に重心を持たせるローテーブル(センターテーブル)。ローテーブルがある事で、実用面ではもちろんのこと、空間の印象を大きく変える事ができます。   そのようなローテーブルの中でも、今回は凛とした佇まいで空間に溶け込み、周りの家具との調和をもたらす、 ポール・ケアホルムによる ” PK61 “をご紹介させて…more

【納品事例】Gallery Art Compositionさま

更新)Posted in Blog

  東京・佃にて主に現代アートを扱っていらっしゃいますGallery Art Compositionさまに、フリッツ・ハンセン社の“リッソーニソファ”、ラウンジチェア“PK22”、センターテーブル“PK61”など納めさせていただきました。         お客様とのお打ち合わせや各種メディアの取材、作家さんへのインタビューなどにも使用されるこちらの…more

ポール・ケアホルム “PK9” 構造について

更新)Posted in Blog

  ポール・ケアホルムが1960年にデザインしたダイニングチェア、PK9。こちらのチェア、「3本のステンレススチールの脚」と「座面(シェル)」より構成されています。 メーカーはフリッツ・ハンセン社より製作。       大変スッキリとしたデザインで、ポール・ケアホルムの家具の特徴でもある、「構造の美しさ」をこちらのPK9にも感じることができます。ケアホルムの…more

ポール・ケアホルムのソファ “PK31”

更新)Posted in Blog

  1950年代を中心に数多くの素晴らしい作品を発表したデンマーク人デザイナー、ポール・ケアホルム(1929~1980)。木製の家具が主流の中、スチールを主な素材として扱いたケアホルムの作品は大変画期的なものであり、それゆえ彼は、”鬼才”とも呼ばれていました。         今回のブログでは、ポール・ケアホルムがデザインしたソファ、“PK31”に…more