2023年 新年のご挨拶

更新)Posted in Blog

すっかり遅くなってしまいましたが、2023年が始まりました。 本年も皆さまのお力になれるよう致します。 また、何よりも皆さまが健やかに満たされた時間を過ごせますこと願っております。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 新年の祈念・ご挨拶と合わせ、何点かご案内をさせていただきます。 【フリッツ・ハンセン社 価格改定】 以前にもご案内させていただきましたが、フリッツ・ハンセン社の価格改定がいよいよ…more

【企画展開催のご案内】“古美術をしつらえる” 9月23日(金)~10月2日(日)  

更新)Posted in Blog

奈良の古美術店NAKAGAMIさんとともに、「現代空間に古美術をしつらえる」というテーマのもと、店舗に古美術をしつらえる企画展を当店ダンスク ムーベル ギャラリーにて開催いたします。 世界で生活様式の変化が起きている中「自身のルーツ」「心の支え(祈りの心)」となる質の高い美術品を鑑賞することは自然ななりゆきであり、日常空間に寛ぎとうるおいをもたらしてくれます。従来のアート・ファンはもちろん、今まで…more

ハンス・J・ウェグナー 「自邸のためのダイニングチェア “PP701”」

更新)Posted in Blog

生涯に500脚以上の椅子をデザインしたと言われるデンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナー。そのウェグナーが自邸のためにデザインをしたダイニングチェア、“PP701”のお話を今回はさせていただきたいと思います。   <1965年デザイン PP701>   PP701は、ウェグナーが自邸のためにデザインをした作品です。所説ありますが、自邸のためにその製造を急いでいたウェグナーは、ありあわ…more

“PK54” ポール・ケアホルムのダイニングテーブル

更新)Posted in Blog

【ポール・ケアホルムのダイニングテーブル PK54】 円形のダイニングテーブル“PK54”は、ポール・ケアホルムの代表的なダイニングテーブルと言えます。ケアホルム夫人であるハンナ・ケアホルムが設計した自邸のダイニングで使うために、ダイニングチェアの“PK9”とともに1963年にデザインされました。現在はフリッツ・ハンセン社より製作されています。     【PK54 構造と素材】 ダイニングテーブル…more

【掲載誌情報】家庭画報 2021年12月号

更新)Posted in Blog

  先日11月1日に発刊されました「家庭画報 2021年12月号」で展開されております企画、「美しい家具と暮らす」。 当店 ダンスク ムーベル ギャラリーの納品例の一つ、茅葺屋根の邸宅 【聲々軒(せいせいけん)】もご紹介頂きました(P48-49/P62-65)。         また、デンマークの家具デザイナー 、”ポール・ケアホルム&…more

ポール・ケアホルム デザインのデイベッド “PK80”と“PK81”

更新)Posted in Blog

  DANSK MOBEL GALLERY のインテリアコーディネートの主軸となるデザイナーに、ポール・ケアホルムがいます。ポール・ケアホルムは素材や構造への特別なこだわりから『奇才』ともいわれた、デンマークを代表するデザイナーのひとりです。   今回のブログでは、彼がデザインしたデイベット“PK80”と“PK81”についてご紹介させていただきます。シンプルなデザインに込められ…more

ルイスポールセン 海外の納品事例のご紹介 ”A+ Siam Sushi”

更新)Posted in Blog

  ルイスポールセンの照明は、器具のデザインはもちろんのこと、放たれる光の質やその心地よさが大変秀逸な照明です。   メインデザイナーであった ポール・ヘニングセンによる数多くの照明に加え、建築家でありながら家具デザイナーでもあるアルネ・ヤコブセンやヴィルヘルム・ラウリッェン、また、オラファー・エリアソンやnendo等、現代のデザイナーとの協業により、”良質な光”を追求し、…more

ラグにより生まれる快適な空間

更新)Posted in Blog

    DANSK MOBEL GALLERY では、様々なラグのお取り扱いをしています。日本では後回しにされがちなラグですが、特にリビングシーンにおいてはラグを敷くことで圧倒的に空間の豊かさが変わりますので、私どもがコーディネートさせていただく際は必ずご提案差し上げております。 本日は、その中からデンマークのテキスタイルメーカー「Kvadrat(クヴァドラ)」のラグを何点かご…more

ポール・ケアホルム 特別モデル “PK22 リネン”のご紹介

更新)Posted in Blog

  PK80 デイベッドやPK31 ソファ、PK54テーブルなど、スチール素材を使用し、無駄のないシンプルなデザインを数多く残したデンマーク人デザイナー “ポール・ケアホルム”。彼は「大切なのは、私ではなく、素材の個性を表現すること。スチールには、木やレザーと同じ芸術的な美点があると思っています。」と語っています。スチールを建築資材としてではなく、木材とレザー同様に家具の表情…more

【数量限定・特別生産】PP502 “スウィベルチェア” チークモデル

更新)Posted in Blog

  1955年にハンス・J・ウェグナーがデザインした、PP502 スウィベルチェア。通常は「オーク材・アッシュ材・チェリー材」の3木種のみの展開ですが、”チーク材”で製作された特別仕様を数量限定にてご案内できますので、ご紹介させていただきます。         ウェグナーがデザインした“PP571 アーキテクツデ…more