【掲載誌情報】家庭画報 2021年12月号

更新)Posted in Blog

  先日11月1日に発刊されました「家庭画報 2021年12月号」で展開されております企画、「美しい家具と暮らす」。 当店 ダンスク ムーベル ギャラリーの納品例の一つ、茅葺屋根の邸宅 【聲々軒(せいせいけん)】もご紹介頂きました(P48-49/P62-65)。         また、デンマークの家具デザイナー 、”ポール・ケアホルム&…more

ポール・ケアホルム デザインのデイベッド “PK80”と“PK81”

更新)Posted in Blog

    DANSK MOBEL GALLERY のインテリアコーディネートの主軸となるデザイナーに、ポール・ケアホルムがいます。   ポール・ケアホルムは素材や構造への特別なこだわりから『奇才』ともいわれた、デンマークを代表するデザイナーのひとりです。   今回のブログでは、彼がデザインしたデイベット“PK80”と“PK81”についてご紹介させていただきます…more

【PK54 テーブル】大理石 防汚コーティングについて

更新)Posted in Blog

  当店でも大変人気の高いポール・ケアホルムによるデザインのダイニングテーブル、PK54。天然の大理石がとても素晴らしい風合いのテーブルです。         本日は、こちらのテーブル天板への防汚コーティングにつきご紹介いたします。     【防汚コーティング】 ポール・ケアホルムのPK54には何種類か石の種類がありますが、今回…more

【2021年2月】展示のご案内

更新)Posted in Blog

  先日、当店ダンスクムーベルギャラリーでは展示の入れ替えを行いました。そこで、本日のブログでは現在の展示状況につきご案内させて頂きます。     【ポール・ケアホルムのリビングシーン】 以前より展示しておりました、フリッツ・ハンセンにて製造されているポール・ケアホルムの家具をレイアウトしたリビングシーン。絵画はオランダのアーティスト”ヘールト・ファン・フ…more

【オンラインでの御相談について】

更新)Posted in information

  当店では、①商品についての御相談(家具・照明・ラグなど)、②コーディネートについての御相談、をオンライン上でもお受けしております。 オンライン上でお伝えできることもたくさんございます。 この機会に、是非ともお気軽にお問い合わせくださいませ。     【①商品についての御相談(家具・照明・ラグなど)】 具体的に気になっていらっしゃる商品につき、かけ心地やサイズ感、使…more

【納品事例】東京・個人邸

更新)Posted in Blog

  このたびのブログでは、先日納品しました事例を簡単にご紹介させていただきます。 東京タワーの見える眺望が素敵な都心の高層マンションに、エッグチェア・PK22・PHアーティチョークなどご提案・納品させていただきました。         普段は大阪にお住いのお客様。東京に来られた際に泊まられるセカウンドハウスのようなお部屋です。   &nb…more

ポール・ケアホルムのテーブル “PK40”

更新)Posted in Blog

  先日より店舗にて展示を開始しましたポール・ケアホルムのテーブル“PK40”。フリッツ・ハンセン社にて現在も製造されています。本日はこちらの商品につきご紹介させていただきます。         “PK40”がデザインされたのは1980年。同年にケアホルムは亡くなっておりますので、最晩年の作品です。その特徴としてまず挙げられるのが140×140cm…more

展示入替を行いました。

更新)Posted in Blog

  当店では先日、展示入替を行いました。本日のblogでは、現在(2020年7月4日)の展示状況につき画像にてご案内させていただきます。   【ポール・ケアホルムのリビングシーン】 店舗中央には、フリッツ・ハンセンにて製造されているポール・ケアホルムの家具をレイアウトしております。先日まで一時的にデイベッド“PK80”を引き下げておりましたが、再度展示を開始しました。この低さが…more

【構造を示すこと】ポール・ケアホルムの理念を体現した“ PK50 ”

更新)Posted in Blog

  当店ダンスク ムーベル ギャラリーにて開催中の企画展 “ポール・ケアホルムが残した名作”。本企画展にて展示しているポール・ケアホルム幻の3作品の中から、彼の理念の一つである「構造を示すこと」がまさにが体現されている作品、 “PK50″につき本日はお話したいと思います。         【天板】 天…more

【本日より開催】「ポール・ケアホルムが残した名作」

更新)Posted in Blog

  本日より、「ポール・ケアホルムが残した名作」と題した展示をスタートいたしました。今では製造されていない幻の3アイテムを始め、ケアホルムの作品を中心に展示しておりますので、簡単に画像にてご紹介させていただきます。                         &nb…more