ボーエ・モーエンセンの自邸で生まれた「2213 sofa」

[更新日] [公開日] Posted in Blog

 

デンマークを代表する家具デザイナーのひとり、ボーエ・モーエンセン(1914~1972年)。デンマーク家具デザインの黄金期と呼ばれた時代を中心に活躍した大変素晴らしいデザイナーです。

本日のブログでは、モーエンセンの家具が生まれた場、モーエンセンの自邸について、ご紹介します。

 

ボーエ・モーエンセンの自邸は、彼の代表作の生まれ故郷でもあります。

彼の自邸はデンマークの首都コペンハーゲン北部のシュラン島東岸に位置するGentofte(ゲントフテ)市に建てられました。

 

設計は、ボーエ・モーエンセン、そして、Arne KarlsenとErling Zeuthen Nilsen。

 

 

モーエンセンの自邸

 

 

そこは緑が多い素晴らしい環境で、「建築家の沢」というニックネームがつけられていたほどでした。

というのも、1960年代とても人気のある地域で、著名なデザイナーたちが住居を構えていたところだったからです。

Jorn Utzon(ヨン ウッツォン), Eva and Nils Koppel(エバ&ニルス コッペル), Mogens Lassen(モーエンス ラッセン), Karen and Ebbe Clemmensen(カレン&エベ・クレメンセン)など。

また、同い年で親友でもあるHans J.Wegner(ハンス ウェグナー) もモーエンセン邸から100mほどのところに住んでいました。

 

 

「謙虚でおおらかな家」ともいえるモーエンセンの自邸。家具からも受け取れる彼の信念と同様の雰囲気を感じます。

 

 

モーエンセンの多くの名作は、この自邸の各シーンに寸法など合わせて設計されています。

代表作の一つである、1962年にデザインされた「2213ソファ」。それは、リビングルームの顔でした。

 

 

 

 

15年間、ここで妻のアリスと暮らしたモーエンセンは、自邸を好んで「実験場」と呼んでいました。

この場所でモーエンセンは家具の、アリスはファッションの実験をしたのです。

 

 

2213ソファ& スパニッシュチェア / Photography by Fredericia

 

 

モーエンセンは自分がデザインした家具をメーカーへ持ち込む前に、彼の実験場(家)でまず試すのでした。

実験用の新しいチェアやソファが来ると、家族全員でそれを試します。

子供達はソファの上で跳ねたり、チェアの周りで遊んだり、食卓では全員でダイニングチェアに掛けたり、と。

 

 

自邸の2213ソファで横になるボーエ・モーエンセン

 

 

子供のいる家庭で毎日の生活に耐え得る強度や座り心地を確認して初めて、モーエンセンは家具メーカーに持ち込んだのです。

彼の探求心の末に生み出された、数々の名作家具。

「2213 ソファ」の大らかでゆったりとした掛け心地とデザインは、彼そのものを表しているようにも感じます。

 

 

ボーエ・モーエンセンが実際に自邸にて使用していた2213ソファ。2019年、デンマーク・コペンハーゲンのフレデリシア社ショールームにて撮影。

 

 

当店にて展示中の2213ソファ

 

 

※2213ソファにつきましては、こちらのブログも是非ご覧くださいませ。

ブログ:質実剛健な “2213 ソファ”

 

 

DANSK MØBEL GALLERY(ダンスク ムーベル ギャラリー)

〒104-0061 東京都中央区銀座1-9-6 松岡第二銀緑館2F
TEL 03-6263-0675
FAX 03-6263-0676
MAIL d-info@republicstore-keizo.com
OPEN 12:00-19:00
定休日 毎週水曜日
Facebook https://www.facebook.com/danskmobelgallery/
Instagram https://www.instagram.com/danskmobelgallery/

 

▽株式会社KEIZOグループ店舗一覧
REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKA
DANSK MØBEL GALLERY