ポール・ケアホルムの名作② PK91 フォールディングチェア - フリッツ・ハンセン 正規代理店 / REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE BLOG

ポール・ケアホルムの名作② PK91 フォールディングチェア



【リ・デザインの発想】


Kaare_Klint_.jpg

コーア・クリント


デンマークデザインの父、コーア・クリントは『家具デザインの本質的な問題は過去五千年の間に解決されており、その歴史は豊かなインスピレーションの源である』との考えをもとに『リ・デザイン』を提唱しました。


過去のデザインを時代に合うよう解釈・再構築し、デンマーク近代家具の道筋を作った人物です。



ケアホルムはこれまでの歴史的な家具に独自の素材(スチール)の可能性を適応させ、シンプルなデザインを追求しました。


1961年にデザインされたPK91もその一つです。


2038_PK91  .jpg

PK91 / ポール・ケアホルム


【プロペラスツール】


コーア・クリントがデザインしたプロペラスツールは1930年に発案されました。

このデザインは古代エジプトの折りたたみ椅子から着想を得たといわれています。



kk87830-propeltaburet-ask-olie-laerred-natur-side.png

プロペラスツール / コーア・クリント



丸い彫刻が施された脚部がスツールを折りたたむとアッシュ材の円筒形になるように設計され、製作が困難とされた当時最先端のデザインでした。


1957年、そのあとを引き継いだオーレ・ヴァンシャーはローズウッドとレザーを用いて当時のプロトタイプを再現し、作業を続けました。


このような前例を背景に、ケアホルムはPK91のデザインに取り掛かりました。



【スチールが可能にしたデザイン】


PK91のフレームにはフラットなスチールバーが使用されており、この素材の強度によってケアホルムは従来のフォールディングスツールのモデルを一変させました。


彼はまず、脚をつなぐ横木を床に接するまで移動させ、四角形に溶接された2枚のフレームに単純化しました。

フレームの長辺がスツールの脚となり、強度を高めるためにねじれています。


PK91 001.jpg


エッジは繊細な凸状で、側面とエッジを滑らかに繋ぐことで素材の連続性を強調していました。


DSCN8301-768x532.jpg


こちらはヴィンテージ(ECK製)のPK91のフレーム。

エッジは1982年に変更され、当初の僅かに丸みを帯びた輪郭が現在は平らな面になっています。


従来のフォールディングスツールは、脚部を座面の左右に配置して木製のフレームの広がりを小さく抑えていました。


ow2000-egypter-stol-eg-saebe-kernelaeder-natur-side.png

エジプシャンスツール / オーレ・ヴァンシャー1957)


ケアホルムが考案したねじれたスチール製の脚は、十分な強度を持ち、より広い可動域を持つことが可能となりました。


そのため、交差した脚がスツールの前後になるよう構造を90度回転させたデザインになったのです。



【魅せる構造】


PK91フォールディングスツールは、2枚のスチールのフレームを開くとシートが広がります。

シートは表と裏に2枚のレザーを張り合わせてあり、端に縫い付けられたバンドをフレームの上部に巻き付けて固定します。


IMG_0392.JPG


座面を裏から見たところ。

フレームを開くとより座面に挟まれるように回転する。


座る人の重さでバンドが抑えられ、シートが固定するため留め具の必要がありません。


IMG_0394.JPG


2つのフレームの接点にはボールベアリングが採用されています。


IMG_0396.jpg


上から見てみると・・・


IMG_0395.JPG


ベアリングのボールが軸の回転と共に回り、抵抗を少なくなめらかに動かすことができます。

このような細かい配慮がケアホルムの魅力のひとつですね。



【92°と88°の平行四辺形】


通常、スツールは1つのフレームの中にもう一つのフレームが入れ子になっていて、スツールをたたむと2つのフレームは綺麗に重なりません。


折りたたみ1.png


ケアホルムはスツールを折りたたんでも、広げても、どちらから見ても同じように見えるようにと考えました。

これを実現するために、フレームは入れ子にせず一方に組み込んでから溶接しています。


IMG_0402.JPG


また、フレーム1枚分の厚みによる歪みを解消するため、フレームはそれぞれ88°と92°の角を持つ平行四辺形としました。

シートを被せることによってフレームの歪みは隠され、入れ子のフレームのように見えます。


IMG_0398edit.jpg


PK91のフレームはスツールをたたんだ時に綺麗にフラットになります。



【コル・クリステン工房からフリッツ・ハンセンへ】


1962年、PK91はコル・クリステン工房によって生産が開始されました。


しかし、ケアホルムが若くして亡くなった1980年には、コル・クリステン工房は生産を終了します。


ケアホルムとアイヴァン・コル・クリステンセンとの深い信頼関係については、こちらのブログでご紹介しております。


BLOG デザインとクラフトマンシップ



そして1982には、フリッツ・ハンセン社での生産が開始されます。


デンマークの美術工芸学校を卒業したケアホルムは約1年間、フリッツ・ハンセン社に務めていたことがありました。

その経緯から1951年から1967年にかけて手がけた「ケアホルムコレクション」の製造と販売を委ねたのでした。


2000年初頭には、当初の素材(マットなクロームメッキ)に代わってサテン仕上げのステンレススチールが採用されました。

また、フレームのコーナーは半径3mmに確定、現在も製造が続けられています。



PK91は、スウェーデンのヨーテボリにあるロースカミュージアムのパーマネントコレクションに含まれています。




182_PK91 .jpg




過去の記事

ポール・ケアホルムの名作① PK80 / 81 デイベッド







.

▽株式会社KEIZOグループ店舗一覧

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKA

DANSK MØBEL GALLERY