ポール・ケアホルム展示 - フリッツ・ハンセン 正規代理店 / REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE BLOG

ポール・ケアホルム展示




フリッツ ハンセン ストア 大阪は、2019年2月のリニューアルに伴い

店舗の面積が2倍以上に拡張されました。


そして、以前から熱望していた、ポール・ケアホルムのアイテムを

空間として見せることが叶いました。



ケアホルムのデザインは単体でも十分に美しく、存在感があります。



PK24 001 (1).jpg

PK24


PK80 007.JPG

PK80 東京都現代美術館 



私たちがお見せしたかったのは、それぞれの持つ魅力が共鳴し作り出す

凛とした緊張感。


1年半が経過し、ケアホルムの魅力が伝わり始めていると

実感しています。


先月には新しく PK65 を展示致しましたので、

今回は改めて展示内容をご紹介いたします。



店舗の向かって左側の一角がケアホルムの空間です。

他のゾーンとは内装の仕上げも違い、照明の少ないほの暗い雰囲気です。


20200804_182142.jpg

約2Mの低い天井。


20200805_114033.jpg

床もあえて一段上げ、

ケアホルムの世界への一歩を演出しています。




それではアイテムのご紹介です。


PK31/2

20200804_182312.jpg


1958年にデザインされたPK31は、

2人掛けで137cmと非常にコンパクトです。

座面は十分にゆったりとしていて、

隣に座る人に影響しないようシートが分かれています。


抜け感のある脚部、アームの繊細なライン・・・

その他、語りつくせないソファの魅力は過去のブログでご覧ください!


BLOG ポールケアホルムのソファ "PK31"



PK20

20200804_182425.jpg


ケアホルムのデザインの中では珍しいカンチレバー式のベースのPK20は、

座ると心地よい揺らぎを感じます。


構造ゆえスチールは厚めですが、

やはり独特の抜け感が感じられるデザインです。



PK65

20200804_182828.jpg


ケアホルムがPK20と合わせる為にデザインしたリビングテーブル。

十字のステンレス製のベースは PK61 より厚みがあり、

重厚感があります。


天板のサイズとベースの十字のバランスが大変美しいテーブルです。



PK80

20200804_182343.jpg


非常にシンプルなディベッドは、

まさにケアホルムデザインの象徴的なアイテムです。


その美しさからニューヨーク近代美術館など、

さまざまなアートスペースで採用されています。


リビングとダイニングの空間を仕切るアイテムとしても

活用いただけます。



PK33

20200804_182705.jpg


3本脚のスツール『PK33』。

特筆すべきはその座り心地。

しっくりとくる座面の構造はぜひ裏返して見て頂きたいです。


安定感のあるSH:34cmの座面はオットマンにも丁度良い高さです。



PK11

20200804_182733.jpg


ケアホルムが PK51/55 デスクと合わせる為にデザインしたチェア。


アッシュの背もたれは、ストレスを感じない考え抜かれた曲線。

いかに技術が必要かを納得してしまう

重厚な組木の美しさを湛えています。


シンプルで無駄を省いたスチールのベースの構造も必見です。

座面との間にスペーサーが噛ませてあり、

まるで浮いているような軽やかさを与えています。




そして店舗奥にもケアホルムの作品があります。

20200805_163728.jpg



PK22

20200805_182808.jpg


バルセロナチェアに影響を受けたというこのPK22は、

非常にシンプルで洗練されたデザインです。


深く落ち着いた座り心地は、一度掛けたら立ち上がりたくないほどの

くつろぎを与えます。


ケアホルムデザインのなかでも最初に手に入れたい、

代表的なチェアです。



PK61

20200805_182821.jpg


PK22と同様に1956年にデザインされ、

60周年には記念モデルが発売されるなど、

代表的なアイテムのひとつです。


スチールが規則的に組まれたデザインはもはや芸術です。




poulkjaerholm.jpgのサムネイル画像

POUL KJÆRHOLM (1929-1980)


家具職人であったポール・ケアホルムは、

その後コペンハーゲンの美術工芸学校で ハンス・J・ウェグナー に学び、

高い評価を得ます。


素材に対するあくなき探求心を持ち、

当時一般的でなかったスチールを用いたデザインを模索します。


卒業制作としてウェグナーに与えられた課題で初めてオリジナルを作成したのがPK25であり、現在もフリッツ・ハンセンで生産されています。



その後、コル・クリステンセン工房で多くの名作を発表しますが、

1980年、ケアホルムが51歳の若さでこの世を去ると、

工房は生産を終了します。


現在はフリッツ・ハンセン社において、1951年から67年の間に発表されたコレクションの製造と販売を引継いでいます。



繊細なディテールと独特なオーラを持つその作品たちは

今も多くの人々を惹きつけています。












.

▽株式会社KEIZOグループ店舗一覧

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKA

DANSK MØBEL GALLERY