スワンチェアVSエッグチェア - フリッツ・ハンセン 正規代理店 / REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE BLOG

スワンチェアVSエッグチェア




スワンチェアとエッグチェアといえばアルネ・ヤコブセンの代表作であり、印象的なシルエットから一度ご覧いただくと記憶に残る作品でもあります。
当店では並べて展示していることもあり、どちらがお好みかというお話をよく伺います。
同じ時期にある一つのホテルのためにデザインされたことからも比較して語られることもある2脚です。



innsutakar.jpg
スワンチェア(左)とエッグチェア(右)



1958年に発表されたこの2脚のデザインは現代においても色褪せることなく注目され続けています。
特徴的なシルエットも大変魅力的ですが、どちらも布張りと革張りがご選択いただけるため、張地によって大きく印象が変わる点もポイントかと思います。
スペック面においては、オートリターン機能は両者にあります(オプションにつき別途料金)が、後方へ傾けることができるチルト機能はエッグにのみあり、座面の高さが選べる(40㎝と48㎝、48㎝はオプションにつき別途料金)のはスワンチェアだけという違いがございます。
商品詳細や価格については ⇒ こちら(スワンチェア) 
               こちら(エッグチェア)



座り心地としましては、どちらもゆったりと快適にお掛けいただけることはもちろんですが、腰周りに包み込まれる感触があり背筋がスッと立つような後ろ姿になるスワンチェアに対し、エッグチェアは座面から上全てを包み込むことからリラックスした姿勢でお掛けいただくことができます。




7435937215324d401dabf49dbb48e78b2bcac93d-thumb-450xauto-22990.jpg 
スワンチェア(布張り)




   1e52283d4e81e76c0a8748d7357ec7e4a0c7a118.jpg
エッグチェア(布張り)





スワンチェアとエッグチェアはデンマークのSASロイヤルホテルのためにデザインされました。
同ホテルのために同時期にデザインされたチェアとしては、同じくフリッツ・ハンセン社のドロップチェアポットチェア等があります。
ホテルのために誕生したチェア達ですが、現在では空港や医院、図書館等でも見ていただくことがあるかと思います。



図書館スワン.jpg
スワンチェアに座れるデンマークの図書館
ルートブレ市庁舎・図書館に関する当店ブログ記事は ⇒ こちら
SASロイヤルホテルに関する当店ブログ記事は ⇒ こちら




_MG_9791.jpg採用.jpg
当店が納品させていただいたスワンチェア(大阪府・池田市図書館)






実際にお部屋に置いていただいた場合の印象としましては、1点でも存在感があり空間に立体的な表情が出るエッグに対し、スワンは特に複数点置いていただいた際に賑やかな美しさが演出されます。私個人的には、ソファとの調和という面において、ソファタイプ(スワンソファ)がある分、スワンチェアを選択しコーディネートされることは面白いかと思います。



093a756b71553ed336d29a4ae96f719f7a4e9b22-thumb-450xauto-23941.jpg

高さがあるエッグチェアで空間に立体感がアップ



9f1f5cf2080f6e3fdefa0e76b2d6296b52b55faf-thumb-450xauto-22916.jpg

スワンチェアとスワンソファ





スワンチェアもエッグチェアもそれぞれに魅力があるため、お客様のお好みの1脚をご検討いただければと思います。曲線構成の美しさという共通点から相性も良いため、スワンとエッグをお合わせいただくこともおすすめさせていただきます。
お座り心地ご確認もかねて、ぜひご来店をお願い致します。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。




1593827524138.jpgs採用.jpg
当店展示中のスワンチェアとエッグチェア
(スワンは布張り、エッグは前面革張り背面アザラシ毛皮張り)







▽株式会社KEIZOグループ店舗一覧


REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKA

DANSK MØBEL GALLERY