ドロップチェアについて - フリッツ・ハンセン 正規代理店 / REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE BLOG

ドロップチェアについて



本日はドロップチェアについてお話しさせていただきます。


abt_968005975214687047MTA1Mzk4.tif-l採用.jpg
ドロップチェアがある空間



ドロップチェアは、エッグチェアやスワンチェアと同様に、コペンハーゲンのSASロイヤルホテルのために1958年にデザインされました。


同じ目的のために生み出されたものの、エッグやスワンとは異なり、SASロイヤルホテルで使用される分だけが製造されたそうです。
その後、2014年に満を持して再登場いたしました。



20180912_090916.jpg
SASロイヤルホテルのドロップ
(606アルネヤコブセンスイートについてはこちら




ドロップチェアをデザインしたアルネ・ヤコブセンはドロップチェアが最もお気に入りのチェアであったそうです。
彼の奥様はこのチェアを鏡台用に使っていたそうで、その後ろ姿に見とれていたといわれています。
座った時に肩が見えるシェルの形は、座っている人のシルエットを際立たせる効果もあるように感じられます。


3503_Drop-thumb-autox436-16428採用.jpg

鏡台とドロップチェア



そんなシルエットが美しいドロップチェアですが、現在、当店ではレザー張りのものを展示しております。


1569471513139.jpg
レザー張りのドロップ


プラスチックのカラフルなもののイメージも強いドロップですが、落ち着いた雰囲気のレザー張りも素敵です。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。




▽株式会社KEIZOグループ店舗一覧

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKA

DANSK MØBEL GALLERY

HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN