ポールケアホルムのソファ "PK31" - フリッツ・ハンセン 正規代理店 / REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE BLOG

ポールケアホルムのソファ "PK31"




1950年代を中心に数多くの素晴らしい作品を発表したデンマーク人デザイナー、ポール・ケアホルム (1929~1980)


木製の家具が主流の中、スチールを主な素材として扱ったケアホルムの作品は大変画期的なものであり、

それゆえ彼は、"鬼才"とも呼ばれていました。


7764_Portrait - Poul Kjærholm.jpg

代表作であるラウンジチェア " PK22 " のフレームを確認する

ポール・ケアホルム(右)



今回のブログでは、ポール・ケアホルムがデザインしたソファ、

PK31 についてご紹介したいと思います。


3411_PK31 .jpg




【無駄のないスケール感】

ポール・ケアホルムにより1958年に発表されたソファ、"PK31"。

まず何と言いましてもそのコンパクトなサイズ感が大きな特徴です。


2人掛けのもので幅が137㎝。

海外製のソファの中では大変コンパクトなサイズです。


その一方で、このようにコンパクトでありながら、座面部分はゆったりとしており、座る際には申し分ありません。


1人掛けのタイプは縦・横・高さが全て76㎝、座面の高さはその半分の38㎝。非常に美しい比率に収まっております。


2006_PK Series.jpg

PK31の3人掛けと1人掛け

1人掛けはPK31/1、2人掛けはPK31/2、3人掛けはPK31/3という品番になります



【独立型の構造】

PK31は「ソファ全体が一体」となった構造ではなく、「1人が座る部分(1人掛けモデル)を連結させ、2人掛け、3人掛けのソファをつくる」という構造になっています。


そのため、理論上は1人掛け、2人掛け、3人掛け、4人掛け、5人掛け・・・というようにいくつでも増やしていくことが可能です。

(デンマークのフリッツ・ハンセン本社には6人掛けのモデルが使用されています)


ひとりひとりの座る部分が独立しているため、隣に人が座っても自分の座っている部分は影響を受けにくく、大変快適にお使いいただけます。

このような、「1人掛けのラウンジチェアの延長でソファをつくる」という構造こそが、凛とした空気感をたたえるPK31の最大の特徴、ケアホルムらしさであると考えます。


ケアホルムのソファは「ソファであってソファでない」のです。


DSC01515-1024x683.jpg

フリッツ・ハンセン本社にて使用されているPK31の6人掛け



【透明感のある存在】

ポール・ケアホルムは、「家具は部屋の中央に置くものである」と考えていました。


部屋の中央に置いても圧迫感を感じさせず、「空間に溶け込む」ようにするため、家具の重心を低くし、繊細で細いフォルムを用い、抜け感を生み出しました。


この結果、ケアホルムの家具はいずれの作品も「透明感の高い家具」になっています。


PK31も他のケアホルムの家具と同様、凛とした空気感をたたえつつ、良い意味で空気の様な存在感を持っています。


PK31 003.jpg



【浮遊する座面】

通常ソファは、四隅に脚をつけたデザインが多く見受けられますが、PK31の脚部は中央に集約させるデザインとなっています。

そのため、遠目で見た際に床面から浮いているかのような軽やかさを感じさせます。


ソファ本体から床まで伸びる脚部の、柔らかい曲線のラインもとても見事です。


手のひらを広げてそっと指先で接地しているかのような繊細さがあり、とても優しさを感じさせる美しい脚部です。


PK31-024.jpg



【アーム】

ケアホルムの家具はシンプルゆえにちょっとしたバランスがデザイン・座り心地にとって命取りになります。

そのため、細部にも大変なこだわりを持っています。

アーム部分の薄さや角のラインなどにもそのことがうかがえます。


無駄を省いたほっそりとした美しいアームは、脚部の繊細なスチールと綺麗に調和します。

アームの部分の角も大変シャープで、他のソファのアームと比較するとそのストイックさが際立ちます。


IMGP0840-1024x683.jpg



【見えないディテール】

通常は見えない箇所ですが、背もたれ・座面のクッションを外した姿にも隙がありません。


縫製も非常に美しく、「360度どこから見ても隠す部分が一切ない」と言われているケアホルムの家具を体現しています。


IMGP0876-1024x683.jpg


IMGP0866-1024x683.jpg



【特筆すべき掛け心地】

そして、特筆すべきはその座り心地。

ケアホルムの作品は、その彫刻的な美しさに注目しがちですが、考え抜かれたストイックなデザインとは対照的に、座り心地の良さに驚かれる方も多いです。


幅、奥行き、高さすべてが絶妙なバランスでデザインされ、男性女性、体型に関わらず、ゆったりとおくつろぎいただけます。

座面と背もたれのクッションは適度な硬さを持っているため、長い時間お座りいただいても疲れにくくなっています。

使えば使うほど、座る人の身体にクッションが馴染み、より一層、快適な掛け心地になってまいります。


1011.jpg



【インテリアスタイルに対する汎用性の高さ】

ケアホルムの家具はブラックレザーのイメージが強いため、どうしても男性的な印象でとらえられることが多いですが、実は女性のお客様からお気に召して頂く事もとても多いです。

以下の2枚の画像をご覧ください。

張地のレザーの色味を変えるだけでかなり印象が異なります。


W9A1951-1024x683.jpg


A-1024x768.jpg

この2枚の画像はほぼ同じ家具の組み合わせですが、レザーの色味や周りの空間で全く異なった印象になっています。



【ケアホルムをご体感頂けるショップ】
フリッツ ハンセン ストア 大阪ではPK31/2(2人掛け)の展示をしております。


20190417_134905.jpg




ケアホルムの世界観をぜひ実際にご覧頂き、体感して頂きたく思っておりますので、ぜひ一度ご来店くださいませ。













.

▽株式会社KEIZOグループ店舗一覧

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKA

DANSK MØBEL GALLERY

HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN