アリンコチェアについて - フリッツ・ハンセン 正規代理店 / REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE BLOG

アリンコチェアについて


本日はアリンコチェアについて書かせていただきます。


アリンコイメージ画像2.jpg
踊り場にアリンコチェア



アリンコチェアはアルネ・ヤコブセンよって1952年に生み出されました。

アルネ・ヤコブセンが手がけた最初の成形合板のスタッキングチェアとしても有名です。

もともとはデンマークの製薬会社『ノボノルディスク社』の社員食堂で使われる椅子としてデザインされました。

丸いテーブルに対して多くの人が利用できるようにとの考えから、3本脚(前脚1本、後脚2本)で設計されました。

現在はこの3本脚のほかに4本脚もございます。


3本足アント改.jpg

3本脚のアリンコチェア


    4本足アント.jpg

4本脚のアリンコチェア



今日ではその美しいシルエットは世界中で大きな称賛を浴びていますが、当時はデザインがあまりにも先進的過ぎるとの声がフリッツ・ハンセン社内にもあったそうです。

この声に対し、アルネ・ヤコブセンが、「もし売れ残ることがあれば自分が全て買い取る」と約束したことから、製造は続けられることとなりました。


ime-ji.jpg
アリンコチェアとセブンチェア、グランプリチェア



そんなアルネ・ヤコブセンの強い思いの結晶であるアリンコチェアですが、現在、当店にも展示がございます。

カラードアッシュ塗装(色:ホワイト)の4本脚です。

ナチュラルウッドやラッカー塗装(ホワイト、ブラック、ナイングレー)、ホワイト以外のカラードアッシュ塗装(ブラック、ナイングレー)についても、カラーサンプルでご確認いただくことが可能です。



1568354392539.jpg

当店展示のアリンコチェア



アルネ・ヤコブセンが 手がけた最初の成形合板のスタッキングチェア、フリッツ・ハンセン家具を初めてご購入いただくのにおオススメ致します。ご来店を心よりお待ちしております。




▽株式会社KEIZOグループ店舗一覧

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKA

DANSK MØBEL GALLERY

HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN