デンマーク研修報告⑯~キャスパー・サルト~ - フリッツ・ハンセン 正規代理店 / REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE BLOG

デンマーク研修報告⑯~キャスパー・サルト~




キャスパー・サルト



デンマークを代表するデザイナーの一人で、

フリッツ・ハンセンの製品では ナップチェアリトルフレンド など、

シンプルで美しく、優れた機能性を持つデザインが特徴です。



7766_Portrait - Kasper Salto.jpg

キャスパー・サルト



そのキャスパーのアトリエに・・・

IMG_20180913_153940.jpg

お邪魔しちゃいましたー

IMG_2077.JPG

写真撮影全然オッケーのオープンなオフィス。

20180913_145413.jpg

整理整頓

20180913_145404.jpg

こういった、クスッと笑ってしまうようなおもちゃから

インスピレーションを得るんでしょうね。

20180913_145400.jpg

わらじがありますね。




地下にあるアトリエでデザインについてお話してくれました。

20180913_151120.jpg

アーム付きのナップチェア。


キャスパーは当初、シェルの型をアームレスと共用して、

後からアーム部分を取り付けることをイメージしていました。


1510_Nap.jpg


でもなかなかうまくいかない・・・


そんな時フリッツ・ハンセンのCEO、ヤコブ・ホルムが

『だったらもう一個型を作ったらいいじゃないか』

・・・そう言ったのだそうです。


キャスパーとしては製品化される時のコストまで考えたんですが、

それはきっとデザイナーだけが苦しむことではないのですね。


いいデザインを生み出して欲しい、そんな思いがあったのでしょう。



それとどうしても紹介したい製品があるそうで・・・

IMG_2073.png

これは折りたたみのスツール。


座面の裏側に脚が収納されています。

画像がないんですけど(いつもすみません・・・)

脚の飛び出し方がなんだか近未来的。


こういったスツールは部屋の隅っこに置かれて、

しばらく出番がないと埃をかぶっていたりする。

あるいは洗濯物が乗っていたり・・・


置き場所にこだわったこのスツールの行先は、シェルフ!


現在シェルフメーカーのMontanaで製品化されているそうです。

『残念ながらデンマークにはスペースがたくさんあるから、

こういった製品の需要があまりない。東京とかの方が向いてるかもね』


ちゃっかりアピール(笑)



キャスパーは熱い人でした。

思いを伝えようと、時に通訳さんの事を忘れて話し続けたりして。


デザインだけでなく、機能性、コスト、その置き場所までに思いを込め、

使う人のライフスタイルを楽しく豊かにしてくれる。

確かにそんなアイテムばかり。


キャスパーに会ってなんだか納得しました。



20180913_153529.jpg




最後にキャスパーはこう言っていました。


『フリッツ・ハンセンと一緒に仕事ができることを光栄に思います。

試作のコストにこだわらず、妥協せずにアイデアを生み出すことができるから』




『完璧なものを作るのは本当に難しい事だが、とても感謝している』









.

▽株式会社KEIZOグループ店舗一覧

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKA

DANSK MØBEL GALLERY

HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN