フリッツハンセンの歴史2 - フリッツ・ハンセン 正規代理店 / REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE BLOG

フリッツハンセンの歴史2

1930 - 1939

今世紀初頭、 フリッツ・ハンセンの息子で進取の気性に富んだ クリスチャン・E・ハンセンは蒸気によるブナ材の曲げ木を使った試みを開始しました。この技法は1930年代に精緻を極め、フリッツ・ハンセンはこの分野における世界第一級となり、後ほどこの技法が同社の得意分野に進化を遂げます。ベニヤ板で家具ものづくり
20170925 (1).jpg


ドイツ機能性の一種を取り入れたシンプルなラインと軽量と実用性重視のデザインはスカンジナビアのスタイルに躍進をもたらしました。フリッツ・ハンセンはデンマーク初のスチール製家具を発表、それと同時に Kaare Klint デザインによる有名な Church チェアが発売され、この椅子は1936年から2004年まで フリッツ・ハンセンのコレクションとして所蔵されていました。

20170925 (4).jpg

デザイナー:コーア・クリント

プロダクト:4133

20170925 (2).jpg

デザイナー:ソーレン・ハンセン

プロダクト:ダンチェア261



20170925 (3).jpg

プロダクト:トーネット2261

20170925 (5).jpg
デザイナー:アルネ・ヤコブセン

プロダクト:ベルビューチェア

20170925 (6).jpg

1932年にオープンしたリゾート地「ベルビュービーチ」の劇場のレストラン。