デンマークとCopper(銅) - フリッツ・ハンセン 正規代理店 / REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE BLOG

デンマークとCopper(銅)


デンマークの市庁舎をはじめとするコペンハーゲンの建物には銅版の屋根が使用されてます。屋根を張りかえて直ぐは光沢がありますが、銅版の色が徐々に変化し緑青を帯びてきます。 時間とともに変化する街並みは趣きを増します。

銅という素材はコペンハーゲンでは身近に使われ、デンマークのポール・ヘニングセンがデザインしたPHアーティチョークの照明も銅板のものを良く見かけます。


3(市庁舎).JPG

デンマーク市庁舎

5(街並み).JPG
コペンハーゲンの街並み

ruijiana.JPG
ルイジアナ美術館内



この度ポール・ヘニングセンの生誕120周年を記念して、ルイスポールセンよりPH3 1/2-3 Copperの照明が6月30日までの期間限定で発売されます。

直径33cmの照明は1灯でも使用でき、銅版とガラスのシェードから漏れる光は暖かみがあります。 銅のパーツは表面加工してませんので徐々に変化し緑青してきます。 

Fritz Hansenも一つの家具を何十年と愛用しレザーや木材の経年変化を楽しむ事と同じで、この照明も緑青していく変化が楽しめます。


(青山店展示)
PH 6.JPG
PK24

PH ①.JPG

PH 2 (1).JPG
PK71




(大阪店展示)
PH 8 (1).JPG
アーティチョークとのコラボ

PH 9.JPG


PH 10.JPG
ESSAYテーブルと7chair