フリッツ・ハンセン 正規代理店 / REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE BLOG: メンテナンスカテゴリを追加アーカイブ

メンテナンスカテゴリを追加の最近のブログ記事

長く愛用するためのひと手間



我が家で年に2回ほどするひと手間。

セブンチェア、グランプリチェア、アントチェア、Bテーブルのクローム脚を磨くこと。
ダイニングで使っていると、湿気がつき、そこにほこりがつき、年月が経ってしまうと錆びになってしまいます。

毎日使っている大切な椅子やテーブルを長持ちさせるために。

日頃はクロームの部分を乾拭きするだけで大丈夫です。

ただ、忘れやすいのは裏面のグレーのキャップを開けたところ。

ここに錆が出てしまうことがよくあります。

座板と接着してある、プラスチックの円盤状の「ラウンデル」。
そこにビス3点で留まっているという構造で、その部分が一番負荷がかかる部分になります。

いわば縁の下の力持ち、というこの部分も、お手入れをお願いいたします。

IMG_0630.JPG
今日、店にあるウォルナットのセブンチェアの裏側をチェックしてみると、グレーのキャップを外した部分はやはり白くくすんできており、進行すると錆びになる状態でした。


IMG_0628.JPG
私が昨年見つけたのは、さび落としのピカールのクリームタイプ。

スプレータイプだと、我が家にはペットがいるので使いにくかったのですが、クリームタイプは飛び散らずに便利でした。
(ただし、独特な匂いがありますので換気が必要です。)


IMG_0631.JPG
ピカールクリームをくすんでいる部分に塗布。


IMG_0632.JPG
乾いた布でしっかりこすりながらふき取ります。



IMG_0634.JPG  IMG_0633.JPG
ピカリーン!!



IMG_0635.JPG
そしてカバーをかぶせる前にもうひと手間。

3本のビスがしっかり締まっているか確認をお願いします。

ビスが緩んでいる状態で座り続けると、まれにラウンデル部分に負荷がかかりはずれてしまったり、脚の付け根にあたる金属の部分が折れたりする原因になります。


お手入れのひと手間で、30年・・・40年と長く使って頂けます。



我が家のセブンチェアも10年目。とてもいい感じに経年変化をしており、これから益々手をかけて長く使っていこうと思っています。




※REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STOREはフリッツ・ハンセンを扱う唯一の専門店です。

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE ホームページ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE オンラインショップ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE Instagram

HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN ホームページ








.

ESSAY™のメンテナンス -補修編-

ESSAY™は長くお使いになる間にたくさんのキズが味わいや、思い出となってくるところも魅力のひとつです。

display120130612.jpgもし、どうしても気になるキズや汚れができてしまった場合は下記方法も参考にしてください。

【引っかきキズの場合】

表面に引っかき(浅い)キズがある場合は、220番のサンドペーパーを木目に沿ってかけ、平らにしてください。なおサンドペーパー使用後には、オイルで手入れを行ってください。

【スチール(鋼)との接触によりオーク材に痕が残った場合】

オーク材の表面に長時間スチール(鋼)が接触することがないよう注意してください。スチールはオーク材と接触することで反応を起こし、黒い痕を残します。この痕の除去には研磨が必要となります。

【テーブルの脚等に擦りキズがついた場合】

キズのついた箇所を、少量のオイルで湿らせた消しゴムや柔らかなスポンジで拭ってください。必要に応じ、オイルでの手入れを繰り返してください。

【赤ワインや油脂類によるシミが残った場合】

シミが残っている箇所を、少量のオイルで湿らせた柔らかなスポンジで優しく擦ってください。シミが木目に浸透している場合には、180番のサンドペーパーを木目に沿ってかけ、さらに220番のサンドペーパーをかけてください。サンドペーパーをかけた後には、前述の方法に従い、オイルでの手入れを行ってください。特に色の濃い木材においては手入れ後にお手入れ箇所の色が若干明るくなる場合がありますが、これは時間の経過とともに軽減されます。

【キャンドルのろうが垂れた場合】

キャンドルのろうが垂れた場合は、ろうを凝固させてからできるだけ取り除いてください。その際、テーブルの表面にキズを付けない様に気をつけてください。ろうを取り除いた後、少量のオイルで湿らせた柔らかなスポンジで優しく擦ってください。

【へこみやキズができた場合】

木の繊維が破損していない場合、多くのへこみキズは修復することが可能です。ぬるま湯を含ませたブラシでへこみ箇所を拭いてください。へこみ部分の木の繊維が水分を含み、上に持ち上がります。表面が乾いた後に220番のサンドペーパーをかけ表面を整え、オイルでの手入れを行ってください。

【ボールペンやサインペン、水彩絵具、クレヨンやマーカーによるシミ】

マーカー用やサインペン汚れ用のアルコールなど、シミに合わせた溶剤と吸収性の高い紙を使用し、できるだけ汚れを取り除いてください。

【インクによるシミ】

インクの吸い取り紙および、アンモニア溶液(約8%)を使用し、できるだけ汚れを取り除いてください。溶液により目や皮膚、また呼吸器などを刺激する恐れがありますので、ご使用になられる製品の注意事項をよく読んだ上で十分に注意してご使用ください。

【焦げ跡】

表面的な焦げ跡の多くは研磨のより取り除くことができます。焦げ跡部分のみといったように狭い範囲に研磨をかけると表面にくぼみが生じる可能性がありますので、若干広めに研磨をかけてください。なお、お客様ご自身で修復前に専門家への相談をおすすめします。

【注意事項】

スポンジやサンドペーパーなどを使用しての研磨の際には、常に木目の方向に沿って研磨してください。また、キズのある部分のみの狭い範囲での研磨は表面をくぼませる可能性がありますので、広めに研磨してください。

ぜひ「汚れ」や「キズ」を恐れずに日常の中でオリジナルな深みを感じて頂きたいと思います。

それがESSAY™の良さでもあります。

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE ホームページ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE オンラインショップ

ESSAY™のメンテナンス -オイル編-

display20130612.jpg

無垢材は定期的にオイルでのメンテナンスをおすすめします。

オイルは木目に浸透し表面をコートすることで、製品を水やほこりから守ります。また、オイルはオーク材やアッシュ材の明るい色を保ち、表面の質感を保ちます。

【メンテナンスの頻度について】木材を乾燥から守り、外観の状態を保つ為、製品を受け取られた時と年に3、4回、もしくは必要に応じてお手入れをしてください。

【メンテナンスの前に】

オイルフィニッシュの木製品のお手入れには、市販の家具用メンテナンス用オイル、研磨用スポンジおよびやわらかい布をご用意ください。

【オイルの選び方】

オーク材 / アッシュ材 : 白色のオイル

ウォルナット材 : 無色透明なオイル

【お手入れ方法】

1.オイルでのお手入れの際には、テーブルトップの表面が清潔かつ完全に乾いている状態である必要があります。お手入れ約12時間前に、テーブルトップ表面を石鹸水を含ませた布で拭き、直ちに清潔な乾いた布で水気を拭き取っておいてください。この際、濃縮洗剤やし食器用洗剤は使用しないでください。

2.オイルを適切に浸透させるために、研磨用スポンジを用い木目に沿って表面を磨いてください。

3.オイルはボトルをよく振った上で、布にしっかりと含ませてください。オイル塗布後の表面は塗れた様に光った状態となります。そのまま15~20分程おきオイルをしっかりと浸透させてください。

4.付属の柔らかな布を使用し、木の表面が完全に滑らかな感触になるまで、余分な油をふき取ってください。

5.テーブルを一晩乾かしてください。

6.最善な結果を出すためには、上記工程の2~4を数回繰り返すことをおすすめします。

7.オイルでのお手入れ後約24時間は、表面に十分注意してご使用ください。オイルをは塗布後7日程で完全に硬化し、テーブルは通常通りご使用いただける状態となります。

8.乾燥によるスポット(点)がオイル塗布後24時間以内に現れた場合には、再度お手入れを行ってください。

【お手入れ用品の廃棄につれて】

オイルは下水に流さず、各地方自治体の定めた方法に従い処理してください。オイルを含んだ布や手袋は、自然発火を防ぐために適切に廃棄してください。

【注意】

オイルを含んだ布やスポンジは、自然発火の恐れがあります。冷水で十分にすすぎ洗いをした後に廃棄してください。保管する際には、金属製やガラス製の密閉容器に納め、適切に保管してください。なお、家具表面に直接オイルを注いだり、スチールウールを使用したりしないで下さい。

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE ホームページ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE オンラインショップ