デンマーク研修報告⑬~ルードブレ市庁舎・図書館①~ - フリッツ・ハンセン 正規代理店 / REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE BLOG

デンマーク研修報告⑬~ルードブレ市庁舎・図書館①~




前回に引き続きヤコブセン建築のご紹介です。

ルードブレ市庁舎は1956年、第二次大戦後の市庁舎建築です。




まず外観

IMG_20180912_095512.jpg


20180912_095722.jpg

全面をガラスのカーテンウォール(建物の重さを支えていない壁)

で構成されています。


------------------------------------------------------------------------------------

SASロイヤルホテル(1960)

IMG_1686.JPG

同じくガラスのカーテンウォールで構成された

SASロイヤルホテルの外観。

------------------------------------------------------------------------------------

短い方の壁は石張り。

窓は一つもありません。
IMG_20180912_095410.jpg

左側の小さい箱は議会棟。ガラスの渡り廊下で繋がっています。


エントランス

この向こうが議会棟。

20180912_095935.jpg

赤い支柱が印象的です。でもどこかで見たような・・・

20180912_100123.jpg

階段横のスペースに スワンチェア ・・・

やっぱりどこかでみたような。


------------------------------------------------------------------------------------

ナショナルバンク(1971)

20180912_120222.jpg

集大成のナショナルバンクについては

また改めてブログでご紹介しますね。

------------------------------------------------------------------------------------


ミーティングルーム

20180912_100351.jpg

大きなテーブルを囲んでたくさんの セブンチェア が並んでいました。

20180912_100358.jpg

感動したのはこのペンダント。

自動で昇降するんです。

20180912_100329.jpg

光の演出を大切にするヤコブセンらしさを感じます。


議会場

IMG_20180912_101419.jpg

オックスフォードチェア がずらり。


配線までもデザインされ、規則正しく配置されたランプ。

20180912_101445.jpg

シンプルながらも圧倒的な存在感でした。



入口には素敵なおもてなしが・・・

20180912_101426.jpg

チョコレート美味しかったです。



この議場、中央に立つと音が一切反響しないそうです。

自分の声を明瞭に聞き取る為なんでしょうか。


主張もストレスなくできますね。


IMG_20180912_101838.jpg


皆さんパンパン手を叩いては『おおー!』と感動していました。

本人しか分からない感覚なんです。


小心者の私は前に出ていくことができず、

体験するチャンスを逃しました・・・ああ。


20180912_102910.jpg

後方に一列に並んだセブンチェア。

吸音パネルの壁にはオリジナルの時計。



20180912_103241.jpg

オフィス棟の廊下には3本脚のドットスツールが固定されていました。




スウェーデンへ手漕ぎボートで亡命した第二次世界大戦中、

ヤコブセンは一切建築には関わることがありませんでした。



そして戦後、

デンマークに戻ったヤコブセンは次々とデザインを続けていきます。



外観は相変わらず無機質なマッチ箱。

でも一歩入るとあちらこちらにヤコブセンらしい曲線、

光の使い方・・・


ヤコブセンのデザインはここからがクライマックス。

1971年にこの世を去るまで、

その完成を見届けることができなかったナショナルバンクまで、



ヤコブセンのデザインはその魅力を増して行くのです。










.

▽株式会社KEIZOグループ店舗一覧

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKA

DANSK MØBEL GALLERY

HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN