デンマーク研修報告2018⑧ ~CRAFT~ - フリッツ・ハンセン 正規代理店 / REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE BLOG

デンマーク研修報告2018⑧ ~CRAFT~



フリッツ・ハンセン本社

『CRAFT』のブース。


20180911_120406.jpg


プロフェッショナルな雰囲気が漂っています。


20180911_114958.jpg


馬毛のスワンチェア・・・


馬毛は昔はよくつかわれていた素材だとか。

色々な張地を試しているのだそうです。


20180911_115305.jpg


20180911_115035.jpg

こんなエッグもいました!



セブンチェアをはじめとするプライウッドの製法について。

展示を使って説明してくれました。


20180911_120830.jpg


プライウッドは下のような構成の9枚のベニヤからできています。

セブンチェア構成図-thumb-200x230-11955.jpg

内側は、かつら剥きされた柾目のビーチ材。

それら7枚を向きを変えて重ねています。


仕上げの2枚はより薄くて美しい、スライスしたものを使用します。

とても薄いのでコットンに貼りつけて厚みを持たせ、強度を出します。


そのままだと簡単に破れてしまうくらい繊細なんだそうです。


1795_Production - Ant_ Series 7_ Grand PrixEDIT.jpg


職人さんの高い美意識で組み合わされた木目が、

この世に唯一の椅子を生み出します。


ご発注時に柾目か板目かは指定できませんが、

そこはお任せください!自然の「美」をお届けいたします。


20180911_121607.jpg

小口部分を見ると色が違っているので構造がよく分かりますね。


底の穴はベースを取り付けるためのもの。

3層分くりぬいています。


20180911_121254.jpg

圧着。


20トン、20分、140度(と、メモに書いてありました)


この後2~5日かけて乾燥。

カッティングマシーンでカットし、やすりで形を整えます。


1800_Production - Ant_ Series 7_ Grand PrixEDIT.jpg


木目の選定、糊付け、カット・・・

全ての工程において職人さんの手が入ります。


20180911_121656.jpg


踏んじゃいます。でも大丈夫!


ベニヤの構造でご説明した通り、向きを変えて重ねていることで

縦横の開きを補っているからなのです。



リプロダクト品とフリッツ・ハンセン製品の強度を比較した

衝撃的な動画があります。


ここでも思いっ切り踏んじゃってます。

--------------------------------------------------------------------------------------


20180911_113754.jpg


プロフェッショナルといえばこの方。ハンスさん。

20年以上の経験を持つ革張りのスペシャリストです。


私がとても会いたかった方です!


20180911_114516.jpg


エッグチェアは誕生した1958年当時から製法が変わっていません。

その工程を実際に見せてくれました。


生で見れるなんて!大興奮!!



・・・ごめんなさい。

職人技に見入ってしまい、画像がありません(またですか!)・・・



でも大丈夫!


実はハンスさん、グループ店のHOUSE OF TOBIAS JACOBSENに

お越しいただいたことがあります。


その時の動画をご用意しました!



イベントの様子も是非ご覧ください。

BLOG 世界でたった一つのエッグチェア



ハンスさんは定年を迎えたそうです。

少し残念ですが、まだお仕事は続けているそうですよ!


またお会いしたいです。







.

▽株式会社KEIZOグループ店舗一覧

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKA

DANSK MØBEL GALLERY

HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN