デザインとクラフトマンシップ - フリッツ・ハンセン 正規代理店 / REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE BLOG

デザインとクラフトマンシップ

スチールに家具デザインの可能性を見出し、

PKシリーズとしてその数々の名作を残した奇才ポール・ケアホルム

poulkjaerholm.jpg

哲学「自分は、自分が作ったものに等しい」

そのポール・ケアホルムを語るうえで欠かせないのが、

アイヴァン・コル・クリステンセンの存在です。

かつて、意見の相違からフリッツ・ハンセン社を去ったケアホルムは

彼と出会い、彼もまた、クオリティについて妥協を許さないケアホルムと共鳴して独自の生産システムを作りあげ、長年にわたって家具の製造販売を手掛けていくのです。

1956年、その2人が手を組み発表した最初のコレクションには

PK22PK61も含まれています。

これはケアホルムが大きく飛躍するきっかけとなりました。

0312PK22.jpg
PK22PK61


1980年にケアホルムが世を去った時、クリステンセン社は事業を打ち切ることを決め、フリッツ・ハンセン社に家具の製造権を譲ります。

----------------------------------------------------------------------------

フリッツ・ハンセンでは2016年、60周年を記念して

PK22とPK61の限定モデルを発表しました

0312PK2260.jpg

現在フリッツ ハンセン ストア大阪では60周年記念モデル、

ロイヤルヌバックのPK22をご覧いただけます。





デザイナーの思いを理解し、形あるものとして息づかせることができるのは、
素晴らしい工房があるからこそ。


そしてこちらも、数々の名作を作り上げた工房。

デンマーク最古の工房であり、2016年に惜しまれつつも閉鎖となった
"ルド・ラスムッセン"。

グループ店のDANSK MØBEL GALLERY(ダンスク ムーベル ギャラリー)

では、310()320()の期間、ルド・ラスムッセンによる家具を集め、特別展示販売会を開催いたします。

IMGP7120-550x400.jpg

幻の工房 "ルド・ラスムッセン" 最後の展示販売会のお知らせ

今後は生産される事のないルド・ラスムッセンの家具。

そのクラフトマンシップ溢れる幻の現品との奇跡的な出会いを

ぜひお見逃しなく。








.

▽株式会社KEIZOグループ店舗一覧

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKA

DANSK MØBEL GALLERY

HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN