長く愛用するためのひと手間 - フリッツ・ハンセン 正規代理店 / REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE BLOG
メンテナンス

長く愛用するためのひと手間



我が家で年に2回ほどするひと手間。

セブンチェア、グランプリチェア、アントチェア、Bテーブルのクローム脚を磨くこと。
ダイニングで使っていると、湿気がつき、そこにほこりがつき、年月が経ってしまうと錆びになってしまいます。

毎日使っている大切な椅子やテーブルを長持ちさせるために。

日頃はクロームの部分を乾拭きするだけで大丈夫です。

ただ、忘れやすいのは裏面のグレーのキャップを開けたところ。

ここに錆が出てしまうことがよくあります。

座板と接着してある、プラスチックの円盤状の「ラウンデル」。
そこにビス3点で留まっているという構造で、その部分が一番負荷がかかる部分になります。

いわば縁の下の力持ち、というこの部分も、お手入れをお願いいたします。

IMG_0630.JPG
今日、店にあるウォルナットのセブンチェアの裏側をチェックしてみると、グレーのキャップを外した部分はやはり白くくすんできており、進行すると錆びになる状態でした。


IMG_0628.JPG
私が昨年見つけたのは、さび落としのピカールのクリームタイプ。

スプレータイプだと、我が家にはペットがいるので使いにくかったのですが、クリームタイプは飛び散らずに便利でした。
(ただし、独特な匂いがありますので換気が必要です。)


IMG_0631.JPG
ピカールクリームをくすんでいる部分に塗布。


IMG_0632.JPG
乾いた布でしっかりこすりながらふき取ります。



IMG_0634.JPG  IMG_0633.JPG
ピカリーン!!



IMG_0635.JPG
そしてカバーをかぶせる前にもうひと手間。

3本のビスがしっかり締まっているか確認をお願いします。

ビスが緩んでいる状態で座り続けると、まれにラウンデル部分に負荷がかかりはずれてしまったり、脚の付け根にあたる金属の部分が折れたりする原因になります。


お手入れのひと手間で、30年・・・40年と長く使って頂けます。



我が家のセブンチェアも10年目。とてもいい感じに経年変化をしており、これから益々手をかけて長く使っていこうと思っています。




※REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STOREはフリッツ・ハンセンを扱う唯一の専門店です。

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE ホームページ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE オンラインショップ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE Instagram

HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN ホームページ








.