AJスタッキングチェア メンテナンス ~ベース編~ - フリッツ・ハンセン 正規代理店 / REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE BLOG
メンテナンス

AJスタッキングチェア メンテナンス ~ベース編~

フリッツ・ハンセンの商品でとても人気のある【AJスタッキングチェアシリーズ】。皆様御存知、アルネ・ヤコブセンがデザインしたスタッキングができる椅子のシリーズです。セブンチェアやアントチェア、グランプリチェア等、北欧家具の代名詞と言っても過言ではない椅子達です。

前回に引き続き【AJスタッキングチェア】の気になるメンテナンスについてご紹介します。今回取り上げる項目は【ベース(脚部)部分】の日常メンテナンスについてです。
スタッキングチェアにて使用されている脚部は、スチールパイプ製のクローム脚です(年代によっては木製の脚や黒く塗装をしたブラッグレッグ等もございます)。今回は現行品でありますクローム脚のメンテナンスをご紹介いたします。
RIMG0786.JPG
<日常のお手入れ>
シェルと同様、乾拭きにて汚れや指紋等を拭き取ります。乾拭きをするだけでも、ある程度の汚れをとることが可能です。
<斑点が出てしまったら...>
部分部分にぶつぶつした斑点のようなものが出てきたら要注意です。この斑点は錆の前兆で、放っておくとどんどん錆が進行し広がっていきます。この斑点については、市販の浸透潤滑剤(KURE 5-56等)を付けた布巾で、磨いてください。磨いた後、乾拭きをし綺麗に拭き取ってください。この作業である程度の汚れは取ることができます。
<錆てしまったら...>
浸透潤滑剤でも取れないような錆や斑点ができてしまっている場合は、市販の金属磨き(ピカール等)を使用して磨いてください。こちらも必ず、磨いた後は乾拭きをし綺麗に拭き取ってください。こちらをしていただくと汚れも錆も、ある程度は取ることができ、光沢が蘇ります。(※金属磨きは、対象を"研磨(削る)"ことによって汚れや錆を除去します。磨きすぎると、対象を逆に傷つけてしまう事もありますので、ご注意ください。)
試しに、倉庫にて保管していたセブンチェアに、今回ご紹介したメンテナンスをしてみました!
RIMG0777.JPG
◎元々の状態
汚れと錆の前兆である斑点が出てしまっています。
            ↓
RIMG0780.JPG
◎KURE5-56を付けた布巾で拭いた後
ある程度の汚れや錆は取れましたが、少し斑点が残っています。
光沢もある程度は戻ります。
            ↓
RIMG0783.JPG
◎ピカールを付けた布巾で磨いた後
斑点も綺麗に取れ、ピカピカと光沢が蘇りました!
以上のメンテナンスをしていただくことで、長い年月を綺麗なままお使いいただけます。長くお使いいただける椅子だからこそ、綺麗な衣装のまま使い続けていただくと幸いです。