デンマーク研修報告~巨匠の軌跡を辿る - フリッツ・ハンセン 正規代理店 / REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE BLOG

デンマーク研修報告~巨匠の軌跡を辿る

| コメント(2)

大阪店:misa

現在デンマークは9月12日0:20です。

11日はデンマークが誇る巨匠の軌跡を辿ってきました。

P9110053.JPGのサムネール画像

これはSASロイヤルホテル最上階にあるレストランです。スウィートルームに宿泊するお客様しか利用することができません。

P9110051.JPG

とても天気が良く、スウェーデンまで見渡すことがきました。

P9110058.JPG

SWANチェアとソファのコーナー。

P9110063.JPG  P9110064.JPG

そして、そのスウィートルームの中でも606号室はアルネ・ヤコブセンがデザインした当時の様子を残す、もっとも貴重な部屋です。

P9110069.JPG  

P9110078.JPG

記念に・・・

P9110170.JPG

そして、こちらはデンマーク国立銀行の概観です。

内部は撮影禁止なので、残念ながらご紹介できませんが、この建物はアルネ・ヤコブセンが竣工を待たずに亡くなってしまったため、最後の建築物となりました。

その内部は、建物の高さまである巨大な吹き抜けに、壁面に沿うようにデザインされた美しい階段。

そして、窓の位置や角度、とにかくアルネ・ヤコブセンの魅力はここに集約されているかのようで圧巻でした。アルネ・ヤコブセンがEGGチェアやセブンチェアのデザインだけでなく、建築家としての素晴らしさをこの目で見て、感じることができました。素晴らしいです。

ヤコブセンは生前に、このエントランスには永遠にSWANチェアを置くよう言い残したそうです。

概観や窓の完璧な直線に、SWANの花が咲くような美しさとのコントラストは、そこには他に何も変わるものはあり得ないと感じました。

P9110090.JPG

ポール・ケアホルムの自邸を見学しました。

ケアホルムが亡き後、奥様で建築家のハンナ・ケアホルムさんが住んでおられましたが、ハンナさんも亡くなり、現在はその息子さんであるトーマスさんが住んでおられます。

P9110101.JPG

過去に雑誌などで紹介された時より、配置などは少し変更されていますが、大切に受け継がれているのを感じました。

P9110096.JPG

PK0

P9110100.JPG

PK22

P9110097.JPG

PK31/2

P9110099.JPG  

P9110106.JPG

  

P9110103.JPG

  

P9110108.JPG

デンマークでは、その建物をインテリアとともに代々受け継ぐということ、それはアルネ・ヤコブセン、ポール・ケアホルムというデンマークの巨匠が生きた時代を経て、今なお輝き続けているということを実感しました。

今日はほかに、ルイジアナ美術館や、デンマークに在住する一般の方のお宅もお邪魔させていただきました。また改めてご報告します。

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE ホームページ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE オンラインショップ

.

コメント(2)

とても楽しく拝読しております.
ありがとうございます.
ルイジアナも楽しみにしています!

koike様。再度コメントをいただきありがとうございます!
引き続き読んでいただいていて、とてもうれしいです。
先ほどルイジアナ美術館をUPしました。10月のご旅行の参考になればいいのですが、是非ご覧くださいませ!