3102 長く愛されるチェア - フリッツ・ハンセン 正規代理店 / REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE BLOG
メンテナンス

3102 長く愛されるチェア

1955年にアルネ・ヤコブセンがムケンゴー小学校の為にデザインした「タンチェア」。

現在は廃盤ですが、小柄で有機的はチェアは今でもモダンな印象を与えてくれます。

3102 (2).JPG

先日お世話になっている方から修理のご相談を受け、今回は特別にお預かりしました。

修理から戻り、脚部が少し錆びていたので金属磨きでクリーニングをしました。

<クリーニング前>

錆びとくすみであまり光沢がありませんでした。

3102 (3).JPG

<クリーニング中>

金属磨き「ピカール」でふき取ります。

3102 (5).JPG

<クリーニング後>

自分が写りこむ程に光沢がもどりました。

3102 (4).JPG

Fritz Hansenの家具は時々このようなメンテナンスをして頂ければ、長く長くご愛用頂ける家具ばかりです。

今、ご愛用のFrtiz Hansenの家具の状態はいかがでしょうか。

お時間があるときに少し見てみてあげてください。

3102 (1).JPG

その他の製品のメンテナンスもご紹介しています。

http://www.republicstore-keizo.com/maintenance.html

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE ホームページ

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE オンラインショップ