Blog

ソファのクリーニング

maika ()

先日、当店で展示していた、スワンソファのクリーニングを致しました

Before.jpg



家具クリーニングの専門業者さんお願いして清掃作業をしていだたきました。

間近で見る機会もないので、少しクリーニング工程をご紹介したいと思います!


IMG_2591.jpg<スワンソファ>







duskin.3.jpg


1.まず、専用の吸引力がすごい掃除機のようなものでバキューミングをし、ソファの表面よりも、もっと奥にあるホコリや髪の毛などを取り除きます。


使っているうちに、表面には見えない、ホコリや髪の毛が生地の奥まで入っていくそうなんです。





duskin.3.jpg


2.次に、ソファにこびりついた汚れを専用の薬剤で洗浄することで、汚れを浮き上がらせ、通常のクリーニングでは取れないシミを除去します。





duskin.4.jpg


3.そして、浸透している専用の薬剤を吸い上げて除去します。

ノズルの境目に沿って、色が変わっているのがわかりますよね。






duskin.5.jpg


4.最後に、再起毛させ整えることで、乾燥を早め、美しい外観に仕上げます。


作業の動作としては、3と同じなのですが、だんだんと元の色が鮮やかな赤色になっていきました。






IMG_1290.JPG

写真では伝わりづらいかと思いますが...

もともと目立った汚れなどはなかったのですが、店頭に届いたばかりの時のように、とても色鮮やかな綺麗な状態に戻りました!



5.清掃後少し水分が残るので4時間ほど触らず乾燥させますソファや生地の種類にもよるのですが、完全に乾燥するのは、約1日程度かかるそうです。完全に乾ききってから使用再開です!






1~5の全行程の作業は1時間半程度でした。



いくら大切に家具を使っていても、どうしても汚れていってしまいますよね。


年に一回でもいいので、ぜひ家具のメンテナンスをしてみてはいかがですか?
メンテナンスをしてあげることで、家具も長持ちしますし、
気分も、すっきりとし、気持ちよく 過ごすことができるはずです◎



店舗情報です! → HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN

facebook.jpg instagram.icon.jpg



▽株式会社KEIZOグループ店舗一覧

HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKA

DANSK MØBEL GALLERY