Blog

【EVENT】yumizu POP UP STORE

maika ()

こんにちは!Anriです*
 

皆様いかがお過ごしですか?
私は先日、池田市の丘の上の図書館へ行ってまいりました~*
勉強もかねて、池田のお酒について少し学びました!


江戸時代の池田のお酒は、江戸への下り酒としてとても有名でした。
しかし灘の台頭によって、衰退し、現在池田には吉田酒造(緑一)と呉春の2つの酒蔵しか残っていません。

ダウンロード.jpg
もう一度、お酒の池田として栄える日が来ることを期待しながら一口・・・。

日本酒を選ぶのに「特定名称酒」に分類されているものは、ある程度の質は保証されているそうです*
その分価格にも表れてくるので、好みは置いておいて「高い日本酒はおいしい」ということなんでしょうね♡
ちなみに、今海外では日本酒が人気になりつつあるみたいですよ!

また、後日もう少し詳しくお話しできればなぁ~と思っております◎

**********************************
【オリジナルまえかけ yumizu POP UP STOREのご案内】


今日は開催が決定したイベント、【オリジナルまえかけ yumizu POP UP STORE】について、少しご紹介させていただきます◎

IMG_1376.JPG

単刀直入にいうと・・・yumizuさんのまえかけは、ぜひ一度かけてみていただきたいです。実際に見ているのと、着けてみるのは全然違います!!


お洋服は着てみたいけれど、たぶん似合わないだろうな~~とか、試着するのめんどくさいや、、、と思ったりしてあきらめることも多々ありますよね。

でも、まえかけの試着は簡単です!


スタッフも一度合わせてみて、派手かな~?と思いきや、意外と!似合う!!いける!!!欲しい!!!!となっていました*

エプロンはよく見かけるけれど、おしゃれなまえかけにはなかなか出会わない。

そう思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ぜひ一度試してみてください!


気持ちも清々しく、とてもワクワクしますよ*


私はまえかけを着けるのが初めてだったので、これを着てお料理を始めようかな、、、と少し思ったりしました♪

形から入るのもありですよね♡(笑)



〇日時:12/13(水)~12/25(月)
    11:00~19:00 ※火曜日不定休

〇場所:HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN

img_3409.jpg

まえかけ作家 坂田 真由美さん

20年前からまえかけを作りつづけられ、おしゃれなまえかけをめざしつつ、毎日使うものだからあくまでも機能的である。それが私の基本姿勢です。



〇プロフィール

京都外国語大学ドイツ語学科卒。

大学ではドイツの世紀末芸術を研究。

印刷会社にて制作物のディレクターとして勤務したのち、

マーケティング事務所勤務。

1997年よりまえかけ作りを開始。

ショップでの委託販売を経て、

現在では日本各地のアートギャラリーやショップにて

年に数回の作品展を開催。

2017年10月、豊中市西泉丘にアトリエ兼ギャラリーをオープン。




〇今回の作品展に向けて

私が作っているまえかけとショールは、いずれも日常生活の中で、何気なくイスに掛けてしまうアイテムです。

アルネ・ヤコブセンのセブンチェアにさりげなく掛けておくなら、どんなまえかけやショールが似合うだろう...。

今回は、セブンチェアの美しいカラーバリエーションにインスパイアされ、セブンチェアに寄り添うまえかけとショールをイメージして作りました。

美しい9色のセブンチェアとともにお楽しみください。


〇まえかけの特徴

まえかけの縫製は、7名のプロの縫製職人さんが担当していますので、高い品質を保つことができています。そして布をはぎ合わせたり、ステッチを入れたり、一点一点すべてのまえかけに私が心をこめて手を加えています。

まえかけを使わないときに、壁のフックに掛けておくのにも便利ですよ*


〇アトリエ/ギャラリー yumizu

豊中市西泉丘1-3-7 メロディーハイム1階

06-7708-7692

www.yumizu.net

Instagram : mayumi_sakata


yumizuさんについて→https://www.yumizu.net/products

店舗情報です! → HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN

facebook.jpg instagram.icon.jpg


▽株式会社KEIZOグループ店舗一覧

HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKA

DANSK MØBEL GALLERY